グリソン牽引

出典: meddic

Glisson traction
介達牽引
  • 頚椎の介達牽引法。グリソン係蹄(参考1)を用いる。
  • 目的:頚椎症、椎間板ヘルニアなど疼痛性疾患の保存療法。頚椎腫瘍や炎症に対して、頚椎の安静保持。

参考

  • 1. traction harness according to Glisson
[display]http://www.fysiomed.com/en/products/24005-traction-harness-according-glisson


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連画像

図6】グリソン 牽引 頚椎 を 前方 に


★リンクテーブル★
リンク元介達牽引
関連記事牽引

介達牽引」

  [★]

indirect traction
介達牽引法、皮膚牽引 皮膚牽引法 skin traction。牽引療法

目的

  • 皮膚に牽引力を働かせて、間接的に骨及び関節の疼痛緩和、整復、安静などを図る

種類

適応

  • 骨折:整復、局所の安静固定、手術前準備
  • 脱臼:徒手整復を容易にする準備的操作・観血的整復後の関節離開の予防及び安静)
  • 慢性関節炎及び急性関節炎:局所の安静、筋緊張の除去、疼痛緩和、不良肢位拘縮の予防
  • 脊椎疾患

参考

[display]http://www.umin.ac.jp/kagoshima/jgopher/8/N0819.txt
[display]http://www.akanekai.jp/kaitatuken.htm


牽引」

  [★]

distraction, extension, traction
牽引性





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1user/password 20
2ミタゾラム 効果 16
3Jardine, A., Neville, P. J., Dent, C., Webster, C., & Lindsay, M. D. (2014). Ross River virus risk associated with dispersal of Aedes (Ochlerotatus) camptorhynchus (Thomson) from breeding habitat into surrounding residential areas: muddy lakes, Western Australia. American Journal of Tropical Medicineand Hygiene, 91(1), 101-108. doi:10.4269/ajtmh.13-0399 16
4化生 特徴 15
5多毛日本 12
61,1024,768,24 HTTP/1.1 8
7user/register 8
8ラクテック 8
9cefpodoxime proxetil BCS 8
10盲斑 7
111,320,568,24 HTTP/1.1 7
12日常生活自立度 6
13Salivary glands 5
14viraldeath解剖 5
15ルリッシュ症候群 5
16サイズの原理 筋電図 5
17メトロイリーゼ 4
18?mesterolon? Britain 4
19vitブラウザの1時間2.3時間を見る方法 4
20ハルトマン 4

昨日の人気記事
 タイトル表示
1user/password 9
2医の倫理 国際網領 4
3ハルトマン 3
4ソルデム 3
5顔面失行 3
6動脈血柱反射 3
7ワレンベルグ症候群 3
8monnro-kou 3
9扁平コンジローマ 3
10サーモグラフィー 末梢循環障害 2
11化学性腹膜炎 2
12高カルシウム血症 2
13シンプソン徴候 2
14自動性 2
15眼球圧迫法 2
16ポイツイエーガー症候群 2
17albright 症候群 2
18心窩部痛 2
19シドフォビル 2
20強皮症 下部食道蠕動運動 2