クロロアセテートエステラーゼ染色

出典: meddic

和文文献

  • ヒト皮膚マスト細胞の組織化学的・超徴形態学的多様性
  • 青木 見佳子
  • アレルギー 37(3), 166-173, 1988-03-30
  • 正常および各種皮膚疾患における生検組織の真皮内マスト細胞(MC)を組織化学的, 電顕的に観察し, その多様性について検討した.正常皮膚で観察されたMCは各組織化学的染色に反応し, 特にナフトール・ASD・クロロアセテート・エステラーゼ染色(NCE)に最も明瞭に染色された.電顕的には渦巻き(scroll)構造優位型(S型)で結晶(crystal)構造を有していた.一方各炎症巣におけるMCは各染色に対 …
  • NAID 110002415497

関連リンク

単球、巨核球系のエステラーゼ活性はNaFで阻害される。α-NBとNASDCAの二重染色 を実施することで、AMMoL(M4)における顆粒球系と単球系の混在をより明確にできる。 α-NAとα-NB(非 ... クロロアセテートエステラーゼ(NASDCA), +~, -~±, -, - ...
EST二重染色では顆粒球系がクロロアセテートに陽性(青色)で ブチレートに陰性より単 球系の混在はみられないようです。 ... 他の所見として、単球は非特異的エステラーゼ 染色に陽性であり、 リゾチーム活性(血清、尿)の上昇を認めることが多いようです。 ...

関連画像

HE ×200図2 骨髄 α-NB/NASDCA二重染色法AsahiAML1.jpgGiemsa ×200


★リンクテーブル★
関連記事エス」「アセテート」「染色」「クロロ」「クロロアセテートエステラーゼ

エス」

  [★]

id
Es
イド
リビドー


  • フリードリヒ・ニーチェが使用し、ゲオルグ・グロデック(Georg・Groddeck)の『エスとの対話』("Gesellschaft")などで使われた用語で、彼と交流があったジークムント・フロイトが採用した精神分析学用語ともなった。(なお、1953年にジェイムズ・ストレイチーによるフロイト翻訳全集の英訳の際、エスはイド(ラテン語)と訳されアメリカ系の精神分析学で流布された。)自我参照。(wikipedia jaより)

参考



アセテート」

  [★]

acetate
酢酸酢酸エステル酢酸塩氷酢酸



染色」

  [★]

staining
染色法



クロロ」

  [★]

chloro
塩化


クロロアセテートエステラーゼ」

  [★]

chloroacetate esterase




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡