クロラロース

出典: meddic

chloralose
αクロラロース

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 迷走神経求心性神経の3型セロトニンリセプターはサイトカイン誘発の発熱に関与する
  • 森 圭介,松屋 啓二,松永 知恵,松本 逸郎 [他]
  • 長崎醫學會雜誌 : Nagasaki Igakkai zasshi 84(1/2), 6-16, 2009-06-25
  • リポポリサッカライド(LPS)による発熱機序を明らかにする目的でウレタン/クロラロースで麻酔した雄ウィスター系ラットにLPSが誘導するとされるサイトカイン(IL-1β, TNFα,INFγ)を静脈内に投与し深部温と尾部温を測定した。さらにセロトニン3型リセプター(5-HT3)アンタゴニストであるラモセトロンまたはグルココルチコイドであるプレドニゾロンを前投与し、サイトカイン誘発の発熱に対する効果を …
  • NAID 110007224826
  • LPS誘発の前炎症反応は迷走神経求心性神経終末部のセロトニンリセプターを介して起こる
  • 中鋪 卓,上野 瑞帆,土屋 勝彦,松永 知恵 [他]
  • 長崎醫學會雜誌 : Nagasaki Igakkai zasshi 82(4), 169-180, 2007-12-25
  • リポポリサッカライド(LSP)誘発の前炎症反応が起こる機序を明らかにする目的でセロトニン3型リセプターアンタゴニストであるラモセトロンを前投与した雄ウィスター系ラットに100μg/kgのLPSを腹腔内に投与し摂食量,行動量及び体温を観察した.その結果,1)迷走神経肝・門脈枝と胃枝を併せて切除した動物ではLPS誘発の摂食抑制が有意に軽減し,2)ラモセトロン腹腔内投与(3〜10μg/kg)は用量依存性 …
  • NAID 110007145701

関連リンク

ChemicalBook あなたのためにα-クロラロース(15879-93-3)の化学的性質を提供して、融点、価格、蒸気圧、沸点、毒性、比重、沸点、密度、分子式、分子量、物理的な性質、毒性 税関のコードなどの情報、同時にあなたは更にα ...
α-クロラロース α-Chloralose 販売元 和光純薬工業(株) 販売元コード 035-02172 製造元 製造元コード CAS.NO 15879-93-3 分子式 C8H11Cl3O6 分子量 309.53 保存条件 室温 適用法規 危険有害性 等級 和光特級 Wako Special Grade ...

関連画像

2.生体蛍光色素染色による 標識リポPGE 1 の血管内分布 2008年6月13日 カワウを薬で 薬効薬理 - 血流量増加作用 標識リポPGE 1 の血管内分布 薬効薬理 - 病変血管集積作用


★リンクテーブル★
リンク元chloralose
拡張検索αクロラロース」「α-クロラロース

chloralose」

  [★]

クロラロース

alpha-chloralose


αクロラロース」

  [★]

alpha-chloralose
クロラロースα-クロラロース


α-クロラロース」

  [★]

alpha-chloralose
αクロラロース




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡