クロラムフェニコール-O-アセチル基転移酵素

出典: meddic

chloramphenicol O-acetyltransferase
クロラムフェニコールアセチルトランスフェラーゼクロラムフェニコール-O-アセチルトランスフェラーゼ

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

クロラムフェニコール(抗生物質)は主にグルクロン酸抱合によって代謝されるため、小児ではクロラムフェニコールが適切に代謝されないのである。そのため、クロラムフェニコールの血中濃度が高く維持されてしまう。 これによって ...
・耐性機構:菌体内に取り込まれたクロラムフェニコール系薬剤が、耐性菌の産生するアセチル化転移酵素によって不活化されることにより発現 ≪説明≫クロラムフェニコール耐性はCAT遺伝子により与えられる。この遺伝子は ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
先読みクロラムフェニコールアセチルトランスフェラーゼ
リンク元chloramphenicol O-acetyltransferase」「クロラムフェニコール-O-アセチルトランスフェラーゼ
関連記事クロラムフェニコール」「転移」「酵素」「O」「Os

クロラムフェニコールアセチルトランスフェラーゼ」

  [★]

chloramphenicol acetyltransferase, CAT
CATアッセイ


chloramphenicol O-acetyltransferase」

  [★] クロラムフェニコール-O-アセチルトランスフェラーゼクロラムフェニコール-O-アセチル基転移酵素

クロラムフェニコール-O-アセチルトランスフェラーゼ」

  [★]

chloramphenicol O-acetyltransferase
クロラムフェニコール-O-アセチル基転移酵素


クロラムフェニコール」

  [★]

chloramphenicol, CP
コハク酸クロラムフェニコールナトリウム
クロロマイセチンサクシネートクロロマイセチン Chloromycetin、(クロラムフェニコールコリスチンメタンスルホン酸ナトリウム)オフサロンコリマイコリナコール。(クロラムフェニコールフラジオマイシンプレドニゾロン)クロマイハイセチンPハイセチン
抗菌薬化膿性疾患用剤


特徴

  • a broad-spectrum bacteriostatic agent ← クロラムフェニコールテトラサイクリン
  • 50SリボソームのA siteに結合してpeptide bond formationを妨げる。
  • 静菌的に作用する。
  • 毒性が強いので、激しい感染症のケース、または局所薬として用いられる。

作用機序

  • リボソームの50Sサブユニットに作用
  • inhibits 50S peptidyltransferase

適応

  • 副作用のためUSでの使用は稀
  • meningitis (Haemophilus influenzae, Neisseria meningitidis, Streptococcus pneumoniae).

禁忌

肝機能や腎機能が未熟なため

副作用

  • 稀であるが、以下のものがある



転移」

  [★]

腫瘍の転移

metastasis
metastatic potentialskip metastasismetastatic disease


原発 転移
リンパ節が最多。肝臓、胸膜、対側肺、副腎、心膜、骨(肋骨、椎骨)、大脳(圧迫症状出現)
遠隔転移:肺内>骨>脳>肝>副腎
小細胞癌が最も転移しやすい。
分化型:血行性に肝臓、未分化型:腹膜播種
大腸 肝臓、肺
卵巣 腹腔内播種、リンパ性転移(後腹膜)。血行性は希
腎臓 肺>骨>肝。副腎もありうる。能は多くない。
骨肉腫 肺>骨
発見時に10-20%の症例で肺転移。
  • 転移性脳腫瘍は原発巣が肺であることが最も多い、らしい。
  • 転移性の硬膜外腫瘍は原発巣が肺癌>乳癌>リンパ腫



精神医学

transference
感情転移

分子遺伝学の転移(トランスポゾン)

transposition



酵素」

  [★]

enzyme, ferment
酵素反応

酵素の分類

  • (a)酸化還元酵素(oxydoreductase) EC1:ある物質を酸化したり、還元したりします。脱水素酵素、ペルオキシダーゼなどを含みます。
  • (b)転移酵素(transferase) EC2: アミノ基やリン酸基などをある物質から別の物質に転移する酵素です。アミノ基を転移する酵素はアミノトランスフェラーゼと呼ばれます。
  • (c)加水分解酵素(hydrolase) EC3:ある物質(基質)に水(H2OのうちHとOH)を加えることにより、2つに分解します。多くの蛋白分解酵素が含まれます。
  • (d)リアーゼ(lyase) EC4:ある物質を2つに分解します。
  • (e)イソメラーゼ(isomerase) EC5:ある基質を異性体に変換します。
  • (f)リガーゼ(ligase) EC6;ATPのエネルギーを使って2つの物質を結合します。





O」

  [★]

食道入口部

WordNet   license wordnet

「the 15th letter of the Roman alphabet」
o

WordNet   license wordnet

「the blood group whose red cells carry neither the A nor B antigens; "people with type O blood are universal donors"」
type O, group O

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「《呼び掛けの名前の前につけて》『おお』,あ / (驚き・恐れ・喜び・苦痛などを表して)『おお』,ああ,まあ / 《肯定・否定を強めて》」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「oxygenの化学記号」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「ohmオーム / Old」


Os」

  [★] オスミウム osmium

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「osmiumの化学記号」




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡