クロム中毒

出典: meddic

chromium poisoning
六価クロムクロム
  • 毒性は六価クロム>三価クロム。
  • 金属クロム、三価クロム:石版印刷工員、セメント作業者、クロムメッキ・クロム製装飾品の装着による皮膚炎
  • 六価クロム:強い酸化剤として作用。メッキ、皮なめし
  • 侵入経路:経皮的(直接接触、経皮的に吸収されうる)、経気道的(粉じんの吸入。多い)
  • 症状:
  • 直接接触:
  • 皮膚:皮膚炎
  • 皮膚深部:無痛性皮膚潰瘍(クロム潰瘍。末梢神経の麻痺による)
  • 吸入:
  • 鼻粘膜:鼻軟骨部の潰瘍形成により鼻中隔穿孔
  • 気管支炎、肺炎
  • 肺癌
  • 排泄経路:尿、胆汁
  • 検査:尿中クロム量
  • 治療:暴露からの隔離、接触部位の洗浄、胃洗浄
  • 予防:保護衣、手袋、靴による暴露からの回避

参考

  • 1.
[display]http://www.geocities.jp/study_nasubi/v/v1.html
  • 2.
[display]http://www.boken.or.jp/lib_anzen_seni_jyuukinzoku6.html



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 無水クロム酸の全身曝露中毒に対して組み立て式除染テントを用いた一例
  • 新福 玄二,西 竜一,西田 昌道 [他]
  • 産業医学ジャーナル 31(3), 17-21, 2008-05
  • NAID 40016037628
  • 無水クロム酸熱傷による急性クロム中毒の1例
  • 経皮吸収による急性クロム中毒

関連リンク

クロム中毒 くろむちゅうどく 産業現場で過剰なクロムおよびクロム化合物の暴露によりおこる中毒をいう。普通、中毒は金属クロムの形でなく、クロムの酸化物、とくに六価クロムとしての三酸化クロム、クロム酸、重クロム酸塩に ...
発信者 構築グループ 本文 A.クロムとは? クロムは18世紀にシベリアで発見された元素で、通常、3価クロム、6価クロムの状態で存在します (3) 。自然界に存在するクロムはほとんどが3価クロムで、6価クロムは人為的に産出されます (1
クロムによる産業中毒 Author 独立行政法人 労働者健康福祉機構 Created Date 6/4/2008 11:52:05 AM ...

関連画像

瑠威@CHROME HEARTS中毒クロムハーツ 1ZIP ウォレットhttp://img.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/f7/58 一応メモが書ける様になって クロムハーツ チェンジパース瑠威@CHROME HEARTS中毒鼻中隔穿孔 、 ネフローゼ


★リンクテーブル★
国試過去問100B080
リンク元金属中毒」「六価クロム
関連記事中毒」「」「クロム

100B080」

  [★]

  • 作業と悪性腫瘍の組合せで正しいのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 100B079]←[国試_100]→[100C001

金属中毒」

  [★]

metal poisoning, metallic poisoning
重金属中毒 heavy metal poisoning



六価クロム」

  [★]

hexavalent chromium
クロムクロム中毒


中毒」

  [★]

poisoning, intoxication

中毒治療薬一覧

中毒の早期発見のための検査

SUB.403

重金属

有機溶剤

中毒一覧




毒」

  [★]

toxinpoisonpoison
毒素毒物毒を入れるトキシン


クロム」

  [★]

chromiumchromeCr
クロム中毒





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡