クレペリン病

出典: meddic

関連リンク

目次に戻る 伝統的な精神医学から クレペリンの「早発性痴呆」 「精神病」,つまり精神に異常を来たす病気については,有史以来様々な記述があり,「狂気」というものがいかに人を惹きつけ,また恐れさせてきたかがうかがえます。
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 - クレペリンの用語解説 - [生]1856.2.15. メクレンブルク,ノイシュトレーリッツ[没]1926.10.7. ミュンヘンドイツの精神医学者。一時,W.ブントに師事。ドルパト大学,ハイデルベルク大学教授を経て ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事リン」「クレペリン」「

リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3





クレペリン」

  [★]

統合失調症
  • ドイツの精神科医。
  • クレペリン Kraepelin,E.(1899):早発性痴呆として統合失調症を分離



病」

  [★]

diseasesickness
疾病不調病害病気疾患




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡