クラバモックス

出典: meddic

アモキシシリンクラブラン酸



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 臨床研究・症例報告 小児の咽頭・喉頭炎,扁桃炎に対するクラバモックス小児用ドライシロップ3日間投与とアモキシシリン製剤10日間投与の臨床効果の比較
  • 黒木 春郎,石和田 稔彦,井上 紳江 [他]
  • 小児科臨床 64(5), 977-983, 2011-05
  • NAID 40018758384
  • 経口抗菌薬 (新薬展望2011) -- (治療における最近の新薬の位置付け〈薬効別〉--新薬の広場)
  • 佐藤 雄己,伊東 弘樹,武山 正治
  • 医薬ジャ-ナル 47(S1), 137-145, 2011
  • NAID 40018712237
  • 新しい抗菌薬の使用方法と注意点--クラバモックス,ゾシン,ザイボックス,ジスロマックSR (特集 抗菌薬適正使用--グローバルスタンダードを目指して)

関連画像

クラバモックス小児用配合 クラバモックス小児用配合 クラバモックスの調剤・計算 クラバモックス 分包品 発売 クラバモックス 副鼻腔炎 適応GSK クラバモックス小児用配合

添付文書

薬効分類名

  • β-ラクタマーゼ阻害剤配合ペニシリン系抗生物質製剤

販売名

  • クラバモックス小児用配合ドライシロップ

組成

成分・含量(1.01g中)

  • 日局クラブラン酸カリウム 42.9mg(力価)
    日局アモキシシリン水和物 600mg(力価)

添加物

  • 軽質無水ケイ酸、カルボキシメチルセルロースナトリウム、アスパルテーム(L-フェニルアラニン化合物)、キサンタンガム、含水二酸化ケイ素、香料

禁忌

  • 本剤の成分によるショックの既往歴のある患者
  • 伝染性単核症のある患者[発疹の発現頻度を高めるおそれがある。]
  • 本剤の成分による黄疸又は肝機能障害の既往歴のある患者[再発するおそれがある。]

効能または効果

適応菌種

  • 本剤に感性の肺炎球菌(ペニシリンGに対するMIC≦2μg/mL)、モラクセラ(ブランハメラ)・カタラーリス、インフルエンザ菌、ブドウ球菌属、大腸菌、クレブシエラ属、プロテウス属、バクテロイデス属、プレボテラ属(プレボテラ・ビビアを除く)

適応症

  • 表在性皮膚感染症、深在性皮膚感染症、リンパ管・リンパ節炎、慢性膿皮症、咽頭・喉頭炎、扁桃炎、急性気管支炎、膀胱炎、腎盂腎炎、中耳炎
  • 通常小児は、クラバモックスとして1日量96.4mg(力価)/kg(クラブラン酸カリウムとして6.4mg(力価)/kg、アモキシシリン水和物として90mg(力価)/kg)を2回に分けて12時間ごとに食直前に経口投与する。
  • 本剤の使用にあたっては、耐性菌の発現等を防ぐため、原則として感受性を確認し、疾病の治療上必要な最小限の期間の投与にとどめること。
  • 分包製剤を使用する場合は、次の体重換算による服用量を目安とし、症状に応じて適宜投与量を決めること。

1日量(ドライシロップとして):1.01g

  • 体重:6〜10kg

1日量(ドライシロップとして):2.02g

  • 体重:11〜16kg

1日量(ドライシロップとして):3.03g

  • 体重:17〜23kg

1日量(ドライシロップとして):4.04g

  • 体重:24〜30kg

1日量(ドライシロップとして):5.05g

  • 体重:31〜36kg

1日量(ドライシロップとして):6.06g

  • 体重:37〜39kg
  • ボトル製剤を使用する場合は、1日量(調製後懸濁液として)が0.75mL/kgになるよう調製すること。[「適用上の注意」の項参照]

慎重投与

  • セフェム系抗生物質に対し過敏症の既往歴のある患者
  • 本人又は両親、兄弟に気管支喘息、発疹、蕁麻疹等のアレルギー反応を起こしやすい体質を有する患者
  • 高度の腎障害のある患者[血中濃度が持続するので、投与間隔をあけて使用すること。]
  • 経口摂取の不良な患者又は非経口栄養の患者、全身状態の悪い患者[ビタミンK欠乏症状があらわれることがあるので、観察を十分に行うこと。]
  • 肝機能障害のある患者[肝機能障害が悪化するおそれがある。]
  • フェニルケトン尿症の患者[本剤はアスパルテーム(L-フェニルアラニン化合物)を含有する。]

重大な副作用

ショック、アナフィラキシー様症状

  • ショック、アナフィラキシー様症状があらわれることがあるので、観察を十分に行い、不快感、口内異常感、喘鳴、眩暈、便意、耳鳴、発汗、顔面浮腫、眼瞼浮腫等があらわれた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。

皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群)、中毒性表皮壊死症(Lyell症候群)

  • 皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群)、中毒性表皮壊死症(Lyell症候群)があらわれることがあるので、このような症状があらわれた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。

急性腎不全

  • 急性腎不全等の重篤な腎障害があらわれることがあるので、定期的に検査を行うなど観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。

偽膜性大腸炎、出血性大腸炎

  • 偽膜性大腸炎、出血性大腸炎等の血便を伴う重篤な大腸炎があらわれることがあるので、観察を十分に行い、腹痛、頻回の下痢があらわれた場合には直ちに投与を中止し、適切な処置を行うこと。

肝障害

  • 肝炎、黄疸、また、AST(GOT)、ALT(GPT)、Al-Pの上昇等の肝障害があらわれることがある。(クラブラン酸カリウム・アモキシシリン水和物製剤において肝障害は、主に男性と高齢患者で報告されており、また、長期投与と関連する可能性もある。兆候や症状は、通常、投与中又は投与直後に発現するが、投与終了後、数週間発現しない可能性もある。これらの症状は通常可逆的であるが、重篤になる可能性もあり、極めてまれな状況では死亡例が報告されている。)
    小児におけるこれらの症状の報告は非常にまれである。

薬効薬理

抗菌作用

  • 本剤は、ペニシリン耐性菌を含む肺炎球菌、β-ラクタマーゼ産生菌をそれぞれ含むインフルエンザ菌及びモラクセラ(ブランハメラ)・カタラーリスに対して抗菌力を示した。また、好気性のグラム陽性菌、陰性菌、嫌気性のグラム陰性菌等の広範囲の各種菌株に対して、抗菌力を示し、特にβ-ラクタマーゼ産生AMPC耐性菌に対し、AMPC単独に比べ、抗菌力が増強された。さらに、ブドウ球菌属をはじめ、グラム陰性の大腸菌、プロテウス・ミラビリス、アンピシリン(ABPC)(含む誘導体)・AMPCが無効であるクレブシエラ属、プロテウス・ブルガリス及び嫌気性菌(バクテロイデス属等)にも幅広い抗菌力を示した。

動物感染試験

  • ペニシリン耐性肺炎球菌及びβ-ラクタマーゼ非産生ABPC耐性(BLNAR)あるいはβ-ラクタマーゼ産生のインフルエンザ菌による呼吸器感染ラット20)において、CVA、AMPCを持続静注することで本剤のヒトにおける血中濃度推移をラット血中で再現することにより、肺内生菌数を有意に低下させた。
  • β-ラクタマーゼ産生のAMPC耐性菌(大腸菌、肺炎桿菌、プロテウス・ミラビリス、プロテウス・ブルガリス、黄色ブドウ球菌)等によるマウス実験的全身感染症(腹腔内接種)21)〜23)、腎膿瘍(大腸菌接種)24)、皮下混合感染症(大腸菌、バクテロイデス・フラギリス接種)25)の感染防御試験において、CVA/AMPC(CVA:AMPC=1:2)はAMPC21)〜25)、CEX22),23)、CEZ25)より優れた治療効果を示した。

腸内細菌叢ヘの影響25)

  • CVA/AMPC(CVA:AMPC=1:2)及びAMPCをマウスに、2mg/日、7日間連続投与し、盲腸内クロストリジウム・ディフィシルの菌数を非投与群と比較検討した。その結果、偽膜性大腸炎の原因とされるクロストリジウム・ディフィシルの増殖が明らかに少ないことが認められている。これは、クロストリジウム・ディフィシルに対する抗菌力(MIC)が0.01μg/mLであり、AMPCのMIC0.39μg/mLに比べて、著しく増強されたために菌の出現が阻止されたものと考えられる。

作用機序

  • AMPCは、合成ペニシリンで、グラム陽性菌、陰性菌の細胞壁合成を阻害し殺菌的な抗菌力を示す26)。CVAはβ-ラクタマーゼを不可逆的に阻害することにより、AMPCの加水分解を防ぐ27),28)。したがって、CVA/AMPCはAMPC感受性菌に加えて、β-ラクタマーゼを産生するAMPC耐性菌に対しても抗菌力を示す21),29)

有効成分に関する理化学的知見

一般名

  • クラブラン酸カリウム(Potassium Clavulanate)

分子式(分子量)

  • C8H8KNO5(237.25)

化学名

  • Monopotassium(2R,5R)-3-[(1Z)-2-hydroxyethylidene]-7-oxo-4-oxa-1-azabicyclo[3.2.0]heptane-2-carboxylate

性状

  • 白色〜淡黄白色の結晶性の粉末である。水に極めて溶けやすく、メタノールにやや溶けやすく、エタノール(95)に溶けにくい。吸湿性である。

融点(分解点)

  • 約167℃(分解)

一般名

  • アモキシシリン水和物(Amoxicillin Hydrate)

分子式(分子量)

  • C16H19N3O5S・3H2O(419.45)

化学名

  • (2S,5R,6R)-6-[(2R)-2-Amino-2-(4-hydroxyphenyl)acetylamino]-3,3-dimethyl-7-oxo-4-thia-1-azabicyclo[3.2.0]heptane-2-carboxylic acid trihydrate

性状

  • 白色〜淡黄白色の結晶又は結晶性の粉末である。水又はメタノールに溶けにくく、エタノール(95)に極めて溶けにくい。

融点(分解点)

  • 約195℃(分解)


★リンクテーブル★
先読みアモキシシリン」「クラブラン酸
リンク元主としてグラム陽性・陰性菌に作用するもの
拡張検索クラバモックス小児用配合
関連記事ラバ

アモキシシリン」

  [★]

amoxicillin
amoxicillinum
アミノヒドロキシベンジルペニシリン amino-hydroxybenzyl penicillin aminohydroxybenzylpenicillin AMPC
アモキシシリンアモペニキシンアモリンエフペニックスオーグメンチン配合クラバモックス小児用配合サワシリンパセトシンランサップランピオンパック ワイドシリン、Amoxil、Polymox
アンピシリン




クラブラン酸」

  [★]

clavulanic acid, clavulanate, CVA
β-ラクタマーゼインヒビター


主としてグラム陽性・陰性菌に作用するもの」

  [★]

商品


クラバモックス小児用配合」

  [★] クラブラン酸カリウム(クラブラン酸)、アモキシシリン水和物(アモキシシリン)


ラバ」

  [★]

mule
ウマシマウマロバウマ科




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡