クマリン誘導体

出典: meddic

coumarin derivative

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 環境応答性を有する新規クマリン誘導体
  • 影近 弘之,平野 智也
  • ライフサイエンスレポート (19), 54-58, 2008
  • NAID 40017162811
  • 半経験的分子軌道法を用いた分子構造と細胞傷害活性の相関関係の予測
  • 石原 真理子
  • 日本薬理学雑誌 : FOLIA PHARMACOLOGICA JAPONICA 127(5), 329-334, 2006-05-01
  • … 記述子)を算出することにより,構造が類似した薬物の定量的構造活性相関解析(QSAR)を行なうことができる.Betulinic acid誘導体のメラノーマ細胞に対する細胞傷害性は,IPと直線的相関関係を示した.クマリン誘導体の口腔扁平上皮癌細胞に対する細胞傷害性は絶対ハードネス(η)と強く直線的相関性を示した.分子の硬さや柔らかさをPM3法で計算する際にはCONFLEXの使用が有用であった.ゲラニルゲラニオール類, …
  • NAID 10018061468

関連リンク

2007年11月6日 ... これはグレープフルーツの果肉に含まれるフラノクマリン誘導体の影響によるものと いわれています。 クマリンを含む食品には、パセリ、ニンジン、モモ、藤袴(ふじばかま) などがあります。 ※ 注). 光感作促進:光感作性とは、直射日光(紫外線) ...

関連画像

図】メリロートクマリン誘導体の分子構造東京化成工業株式会社 (24)0011】http://www.jpo.go.jp/shiryou/s_sonota


★リンクテーブル★
関連記事リン」「誘導」「クマ」「誘導体」「クマリン

リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3






誘導」

  [★]

inductionguidancederivationinduceinductive
ガイダンス指導導入引き起こす誘起誘導性誘導的誘発帰納的帰納法溶原菌


クマ」

  [★]

bear
生む耐える、有する、帯びるクマ属ジャイアントパンダ属クロクマホッキョクグマジャイアントパンダグリズリークマ科


誘導体」

  [★]

derivativeanalogderivate
アナログ系薬物派生的類縁体類似体類似物派生物類似化合物


クマリン」

  [★]

くまりん
coumarin


  • 殺鼠剤として用いられている。中毒の治療にはビタミンKを用いる




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡