クッシング現象

出典: meddic

Cushing phenomenon
Cushing現象Cushingの三徴候
頭蓋内圧亢進



概念

  • 頭蓋内圧亢進時に血圧が上昇し徐脈になることをいう。
  • 脳ヘルニア直前状態であり、脳幹下部の脳圧亢進による乏血状態に対する生体の代償状態(YN.J-34)

病態生理

  • 1. 頭蓋内末梢血管抵抗↑ → 脳血液還流量↓ → (脳血流を維持すべく)血圧↑ → 反射的に徐脈
  • 2. 脳幹の偏位(脳ヘルニア手前の状態で) → 小さい穿通枝の循環障害 → 延髄の乏血 → クッシング現象(医学大辞典)


Cushing徴候の徴候

  • 高血圧、徐脈、呼吸数低下

クッシング現象をきたす病態

頭蓋内圧が亢進する病態
  • 高血圧脳症、頭蓋内圧亢進、脳出血、脳梗塞

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

脳卒中ドットコムでは、クッシング現象とはなどのお役立ち情報を発信しております ... クッシング現象とは 頭蓋内圧の急激な上昇時に血圧が上昇する現象。 何らかの原因で頭蓋内圧が上昇すると脳灌流量が低下し、脳血流量も減少 ...
[クッシング現象が起きたとき、バイタルサインはどのように変化するの?] 答え 血圧の上昇、脈圧の拡大、徐脈を来します。 クッシング現象とは、頭蓋内圧亢進時に見られる徴候で血圧上昇と脈圧拡大、徐脈をきたします。
脳浮腫により頭蓋内圧亢進状態で、クッシング現象により血圧が上昇するということ... 脳出血の場合は頭蓋内圧亢進症状をきたしますか?血圧は通常上昇しますか?下がりま... 頭蓋内圧亢進、脳ヘルニアの徴候の文章で誤って ...


★リンクテーブル★
リンク元頭蓋内圧亢進」「切迫脳ヘルニア
関連記事現象

頭蓋内圧亢進」

  [★]

intracranial hypertension, increased intracranial pressure
脳圧亢進 brain hypertension
頭蓋内圧頭蓋内圧亢進症
PON.594-595

頭蓋内圧亢進を来す疾患

IMD.304

症状

  • 頭痛、嘔吐、視力障害(うっ血乳頭)、外転神経麻痺(頭蓋内での走行が長いので障害を受けやすい?)
  • 脳ヘルニアに至れば、意識障害、呼吸障害、クッシング現象(徐脈、血圧上昇)




切迫脳ヘルニア」

  [★]

imminent cerebral herniation?, imminent herniation?
脳ヘルニア徴候クッシング現象脳ヘルニア
  • 瞳孔不同/瞳孔散大、不自然な姿勢、高血圧、徐脈、呼吸不整/無呼吸、刺激に対する反応低下

現象」

  [★]

phenomenonphenomenaeventphenomenal

国試ででそうな現象




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡