キメラ抗体

出典: meddic

chimeric antibody


和文文献

  • 生物学的製剤を用いた分子標的治療の進歩(5)悪性リンパ腫に対する生物学的製剤を用いた分子標的治療の現状
  • 寺村 正尚
  • 東京女子医科大学雑誌 82(2), 86-91, 2012-04-25
  • … すなわち、2001年にB細胞分化抗原であるCD20を標的分子とするマウス-ヒトキメラ抗体であるrituximabが保険適応となり、B細胞性リンパ腫の治療はリツキサン併用化学療法が標準的治療法となった。 …
  • NAID 110009004312
  • 抗体療法の基礎--概論:抗体療法の種類と特徴 (第1土曜特集 抗体医療Update--コンセプトから最新治療実績まで) -- (抗体治療の基礎)

関連リンク

用語解説 分子標的治療(ぶんしひょうてきちりょう) 病気のメカニズムを解明し、そこに関わる特定の分子を標的として開発された治療を言います。 マウス抗体(まうすこうたい) マウスから作った抗体を言います。 キメラ抗体 ...
・キメラ抗体 マウス抗体の可変部だけを取ってきて、ヒト抗体の定常部に導入した抗体である。つまり可変部はマウス由来、定常部はヒト由来の抗体となる。マウス抗体とヒト抗体の割合はマウス由来が約30%、ヒト由来が約70%で ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事抗体」「キメラ」「

抗体」

  [★]

antibody, Ab
γ-globline、免疫グロブリン
  • 抗原を特異的に認識する糖蛋白質である免疫グロブリンの一種。
  • 血液・リンパ液中で抗原と非結合状態のものを指す
  • 液性免疫に関与




キメラ」

  [★]

chimera, chimaera
モザイク


  • 遺伝的に異なる2個(以上)の個体に由来する細胞を人工的に同一個体内に混在させた動物


体」

  [★]

body
corpuscorpora
肉体身体本体コーパスボディー




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡