カロチン

出典: meddic

carotene, carotin
カロテン
カロチノイド carotenoid


  • ビタミンA前駆体ファミリー


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2012/11/16 10:42:48」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 未利用海藻ノコギリモク給与が鶏卵品質に及ぼす影響
  • 永野 由祐,中田 真一,上田 浩三 [他],松下 浩一,高橋 和昭
  • 日本畜産学会報 85(2), 139-143, 2014
  • … ウ素濃度は産卵時期や使用したニワトリの種類にかかわらず,ノコギリモク添加区で無添加区に比較して増加した.卵黄中β-カロチン濃度は国産鶏を用いた試験において,ノコギリモク添加区で無添加区に比較して増加した.また,ノコギリモク添加による卵黄中β-カロチン濃度の増加は,籾米混合飼料を使用した時に顕著であった.卵殻厚は,廃棄直前鶏に籾米混合飼料を給与した時に,ノコギリ …
  • NAID 130004480277
  • オホーツク海のホタテガイ赤橙色貝柱における一般成分および赤色色素の同定と抗酸化作用について
  • 成田 正直,眞岡 孝至,蛯谷 幸司 [他],西野 輔翼
  • 日本水産學會誌 = Bulletin of the Japanese Society of Scientific Fisheries 79(1), 48-54, 2013-01-15
  • … ペクテノロンは,アスタキサンチンよりはやや弱いが,β-カロチンより強い抗酸化作用を示し,有用なカロテノイドと考えられた。 …
  • NAID 10031138564
  • 長期不受胎供卵牛におけるリハビリ放牧の取り組み(その2)
  • 藤原 朋子,山田 育弘,西野 治 [他],赤池 勝
  • 奈良県畜産技術センター研究報告 (37), 8-16, 2012-08
  • … また1頭ではあるが、血液検査項目に繁殖性に関与するビタミンAとβ-カロチンの測定を加えた。 … 放牧後で血清β-カロチン値が非常に高い値を示したことから、受胎率が向上したのは、補助飼料の量を大幅に制限し、青草の摂取量が増加したことにあるのかもしれない。 … 過肥改善だけではなく、β-カロチンも受胎性に何らかの影響を及ぼしていると推察された。 …
  • NAID 120005332053

関連リンク

カロテンはニンジンを始めとした野菜・果物の橙色成分である。 カロテン、カロチン(英: Carotene、独: Carotine)は、カロテノイドのうち炭素と水素とから成る化合物の総称で ある。植物によって生合成されるが、動物は生合成することができない。カロテンは 光合成 ...
βカロチンは体内でビタミンAに変化してビタミンAの働きをします。 ビタミンAは目の網膜 や口、鼻などのç..

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
先読みcarotenoid
リンク元甲状腺ホルモン」「carotene」「カロチノイド」「リコピン
拡張検索β-カロチン」「ζカロチン

carotenoid」

  [★] カロチノイド

WordNet   license wordnet

「any of a class of highly unsaturated yellow to red pigments occurring in plants and animals」

甲状腺ホルモン」

  [★]

thyroid hormone, thyroid hormones
甲状腺サイログロブリンカルシトニン甲状腺ホルモン製剤
胎児の発育・新生児の生理と適応


  • SP.915-

種類

分類

性状

  • 疎水性アミノ酸

産生組織

標的組織

受容体

  • 核内甲状腺受容体(甲状腺ホルモン受容体ファミリー)
ステロイドレセプタースーパーファミリーに属する → 核内受容体スーパーファミリー

作用

代謝系別

  • 1. 熱産生
  • 脳、脾臓、睾丸をのぞくすべての組織で酸素消費を高める ← 甲状腺クリーゼによる発熱の原因
  • 2. 自律神経系
  • カテコラミンの作用を増強する
  • 心筋細胞のカテコールアミン受容体を増加 ←証明されていない?
  • 3. 内分泌
→甲状腺ホルモンの投与によりコルチゾールが減少し副腎クリーゼを誘発
  • 4. 呼吸器系
  • 5. 造血器系
  • エリスロポエチン産生促進 → 赤血球増加
  • ヘモグロビンからの酸素解離を促進 → 末梢組織での酸素利用↑
  • 6. 骨格筋系作用
  • 骨代謝回転を高め、骨形成・骨吸収を促進 (閉経後女性で甲状腺ホルモン多 → 骨塩量減少 → 骨粗鬆症
  • グレーブス病では筋肉蛋白の代謝亢進、筋肉量の減少、筋力低下、筋脱力、四肢麻痺
  • 7. 糖代謝
  • 糖代謝の亢進
  • 8. 脂質代謝
  • 肝臓におけるコレステロール産生を促進
  • 肝臓のトリグリセリドリパーゼ活性を亢進し、コレステロールの代謝を促進
コレステロールが減少 ← 総じて分解系の法が作用が強い
  • 9. その他

薬理学的作用 (SPC.321)

  • 成長と発育
全ての生体の活動に関わる-(不足)→成長停止、身体的・精神的発育停止
  • 熱産生と体温調整
組織の酸素消費を高め、基礎代謝を亢進させる。Na+,K+-ATApaseの活性刺激や、核内クロマチンに作用してDNA転写を促進する作用による
  • 代謝亢進作用
上記の通り
  • TSH分泌抑制
ネガティブフィードバック

分泌の調節

  • 分泌の制御系
視床下部--(甲状腺刺激ホルモン放出ホルモン)-→下垂体前葉--(甲状腺刺激ホルモン)-→甲状腺濾胞細胞-→T3, T4-→T3, T4下垂体前葉・視床下部に作用し甲状腺刺激ホルモンの分泌を抑制

分子機構

臨床関連

過多

欠乏

  • 甲状腺機能検査値の異常を来す病態。ほとんどの場合TSHは正常
  • free T3↓、rT3↑(重症ではT4↓、TSH
  • 低栄養、外傷、感染症、手術、腎不全、肝不全、心不全、悪性腫瘍
  • エネルギー消費を減らすための適応かもしれない
以上2007後期生理学授業プリント内分泌(3)

生合成 (SP.916)

carotene」

  [★] カロテンカロチン

WordNet   license wordnet

「yellow or orange-red fat-soluble pigments in plants」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「カロチン(ニンジン・トウガラシなどに含まれる炭化水素)」

カロチノイド」

  [★]

carotenoid carotinoids
カロテノイド carotenoid carotenoids
カロチン

参考

  • Wikipedia en


リコピン」

  [★]

lycopene
カロチン


β-カロチン」

  [★]

beta-carotene
βカロチンベータカロチン


ζカロチン」

  [★]

zeta-carotene
ゼータカロチン




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡