カルバミノヘモグロビン

出典: meddic

carbaminohemoglobin, carbamino-Hb
カルバモイルヘモグロビン carbamoylhemoglobin, カルボヘモグロビン carbohemoglobin



  • 血液による二酸化炭素輸送で、血中に溶解した二酸化炭素の一部がヘモグロビンのアミノ基と結合して形成する。
  • 血液を介して運搬されるCO2の約20%がこの型である。
  • Hb-NHCOOH


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

また、CO2 の一部は赤血球と結合してカルバミノヘモグロビン(carbaminohemoglobin) を形成する。すなわち、この酵素とヘモグロビンがあるおかげで、. CO2 + H2 O H2CO3 H+ + HCO3-. の化学反応が右に移動する結果、一定のPCO2で血液には多くの炭酸 ...
血液中に溶解する :排泄されたCO2の5%(Kaplan Q book p.101)、9%(SP.655); ヘモグロビンのN末のアミノ基でカルバミン酸を形成して :排出されたCO2の15%(HBC. 45)、11%(SP.655) カルバミノヘモグロビン; 赤血球中のCAによりbicarbonateを産生し 、 ...

関連画像

下図をクリックすると大きく  カルバミノヘモグロビン)と下図をクリックすると大きく


★リンクテーブル★
リンク元ヘモグロビン」「carbaminohemoglobin」「カルボヘモグロビン
関連記事グロビン」「ビン

ヘモグロビン」

  [★]

hemoglobin, Hb
血色素
酸素化ヘモグロビン脱酸素化ヘモグロビン赤血球グロビン鎖ヘモグロビン濃度

生化学

  • 67 kDa

血液内科学

  • 2種類のグロビンタンパク質が各2個集まりヘテロ4量体を形成したもの。
  • 発生段階によってできるヘモグロビンが異なる
  • α鎖系はζ→α
  • β鎖系はε→γ→β δ
  • 発生初期:ζ2ε2
  • 胎児期 :α2γ2
  • 乳児期 :α2β2(HbA), α2δ2(HbA2), α2γ2(HbF)
  • 成人
α2β2(HbA) :Hbの97%
α2δ2(HbA2) :Hbの2%
α2γ2(HbF) :Hbの2%
発生初期:ZE
成人  :B > D > G , Aは共通


機能

  • O2運搬
  • CO2運搬
  • 体液pHの調整

CO2運搬

  • 血液中に溶解する :排泄されたCO2の5%(Kaplan Q book p.101)、9%(SP.655)
  • ヘモグロビンのN末のアミノ基でカルバミン酸を形成して :排出されたCO2の15%(HBC.45)、11%(SP.655) カルバミノヘモグロビン
  • 赤血球中のCAによりbicarbonateを産生し、血漿により運搬される :排泄されたCO2のほとんど(HBC.45)、80%(SP.655)

臨床検査

  • 臨床検査では、血液1dl中のヘモグロビンの量(g)を定量する。略号はHb

基準値 (ヘモグロビン濃度)

-2007前期生理学授業プリント
  • 男性:14 - 18 (g/dl)  16±2 (g/dl)
  • 女性:12 - 16 (g/dl)  14±2 (g/dl)
異常値の出るメカニズム第5版 p.79
  • 男:13~19 g/dl
  • 女:12~18 g/dl
HIM. A-2
  • 男:13.3-16.2 g/dl
  • 女:12.0-15.8 g/dl

パニック値

出典不明
  • ≦5 g/dl、≧17.0 g/dl

輸液によるヘモグロビン濃度の上昇

  • 予測方法(1):予測されるヘモグロビン上昇(g/dl) = 投与ヘモグロビン量(g) / 循環血液量(dl)
  • 予測方法(2):濃厚赤血球2単位でおよそヘモグロビン上昇は1(g/dl)

国試




carbaminohemoglobin」

  [★] カルバミノヘモグロビン


カルボヘモグロビン」

  [★] カルバミノヘモグロビン


グロビン」

  [★]

globin
グロビン蛋白質 globin protein



ビン」

  [★]

bottle
ビンづめ




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡