カルシトニン遺伝子関連ペプチド

出典: meddic

calcitonin gene-related peptide CGRP
カルシトニン




Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/09/29 17:43:13」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 漢方医学の進歩と最新エビデンス(Vol.3)腸管血流からみた大建中湯の役割 : アメリカ臨床治験薬TU-100になった理由
  • 河野 透,上園 保仁
  • 医学のあゆみ 241(2), 163-169, 2012-04-14
  • NAID 40019217511
  • 脳幹孤束核細胞におけるカルシトニン遺伝子関連ペプチドおよびアドレノメディリンのカルシウムチャネルに対する促進作用と細胞内シグナル伝達機構
  • インスリン抵抗性高血圧と血管周囲神経機能変化 : 機序解明への新たなアプローチ
  • 高取 真吾,座間味 義人,橋川 芳原 成美,川崎 博己
  • 日本薬理學雜誌 = Folia pharmacologica Japonica 139(2), 70-74, 2012-02-01
  • … ンスリン抵抗性高血圧)の発症メカニズムの解明を目的として,血管周囲神経を介した血管調節機構に及ぼす高インスリン血症および高血糖の影響について検討を行い,(1)血管拡張性神経(カルシトニン遺伝子関連ペプチド,CGRP神経)の分布減少と機能低下,(2)交感神経の分布増加と機能亢進などのメカニズムを介して,高血圧の発症・進展に関与しているという新たな知見を得た.これらの研究成果は,イン …
  • NAID 10030456184

関連リンク

カルシトニン遺伝子関連ペプチド (calcitonin gene-related peptide、略:CGRP) とは、中枢神経、心臓や血管など末梢の一次知覚神経の終末および遠位端に存在しているアミノ酸37個からなる ペプチド である。カルシトニン 遺伝子が選択的 ...
カルシトニン遺伝子関連ペプチド (calcitonin gene-related peptide、略:CGRP) とは、中枢神経、心臓や血管など末梢の一次知覚神経の終末および遠位端に存在しているアミノ酸37個からなるペプチドである。カルシトニン遺伝子が選択的 ...

関連画像

http://astamuse.com/drawing/JP/2007/517 http://astamuse.com/drawing/JP/2013/523 カルシトニン遺伝子関連 http://patentimages.storage.googleapis.com 】 α-カルシトニン遺伝子関連 カルシトニン遺伝子関連


★リンクテーブル★
リンク元CGRP」「calcitonin gene-related peptide」「カルチトニン遺伝子関連ペプチド
拡張検索カルシトニン遺伝子関連ペプチド受容体」「カルシトニン遺伝子関連ペプチドレセプター
関連記事カルシトニン」「関連」「遺伝」「遺伝子」「

CGRP」

  [★] カルシトニン遺伝子関連ペプチド calcitonin gene-related peptide


calcitonin gene-related peptide」

  [★] カルシトニン遺伝子関連ペプチド CGRP

カルチトニン遺伝子関連ペプチド」

  [★] カルシトニン遺伝子関連ペプチド

カルシトニン遺伝子関連ペプチド受容体」

  [★]

calcitonin gene-related peptide receptorCGRP receptor
カルシトニン遺伝子関連ペプチドレセプターCGRP受容体CGRPレセプター

カルシトニン遺伝子関連ペプチドレセプター」

  [★]

calcitonin gene-related peptide receptorCGRP receptor
カルシトニン遺伝子関連ペプチド受容体CGRP受容体CGRPレセプター


カルシトニン」

  [★]

calcitonin (Z,PT), CT
サイロカルシトニン thyrocalcitonin
パラソルモン甲状腺副甲状腺プロカルシトニン
  • 「血中カルシウム濃度が高くすぎないように調節する」ホルモン

分類

性状

  • ペプチド(32aa)

産生組織

標的組織

  • 腎臓

作用 (2007年度後期生理学授業プリント)

  • 血中カルシウム濃度↓ (血中カルシウム濃度が高いときのみ)
  • 破骨細胞に作用して骨吸収を抑制
  • 尿細管に作用してCa,P,Na,Clを排泄
  • 腸管に作用してカルシウムの吸収を抑制する
  • 胃酸分泌を下げる

分泌の調節 (2007年度後期生理学授業プリント)

  • 血中のカルシウム濃度(カルシウムイオン、タンパク質に結合しているカルシウムを含む)が高いときにサイロカルシトニンが分泌される。
  • 血中カルシウム濃度 5mEq/l このうち血中カルシウムイオン濃度は 2.5 mEq/l
分泌調節のポイント:カルシトニン ←Ca2+ + protein binding Ca 。 副甲状腺ホルモン ←Ca2+

分子機構



関連」

  [★]

relationrelationshipcorrelationrelevancelinkimplicationconnectionbearingassociationreferencerelateassociateattachcorrelaterelativerelevantpertinent
暗示意味会合関係、関する、関連性基準共生結合結線言及参考、参照、照会、親戚親類軸受け相関相関性相互関係相対相対性相対的対合態度妥当適切同僚付随付着結びつける類縁体連関連結連合連合性連鎖連接、連絡、群集添付協会接続関係性リファレンスリンク参考文献相関関係関連づける


遺伝」

  [★]

heredity, inheritance
氏か育ちか
遺伝子遺伝性疾患遺伝形式
  • 親のもつ遺伝情報が遺伝子によって子孫に伝達され、その作用によって形質が発現すること。


遺伝子」

  [★]

gene
遺伝因子 genetic factor
ゲノム genome
  • 生物の遺伝情報を担う主要因子
  • 全ての生物の情報は、DNAからなる塩基配列にコードされている



連」

  [★]

train、(分類学)tribe
訓練種族




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡