カブ黄斑モザイクウイルス

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • (214) カブ黄斑モザイクウイルス(TYMV)の増殖の場の電顕的観察 (昭和46年度日本植物病理学会大会講演要旨)
  • (26) カブ黄斑モザイクウイルス(TYMV)の増殖の場に関する電子顕微鏡観察 (関西部会講演要旨)

関連リンク

1.モザイク病 ・BYMV(インゲンマメ黄斑モザイクウイルス) ・CMV(キュウリモザイクウイルス) ・ISMV(球根アイリスモザイクウイルス) ・TuMV(カブモザイクウイルス) ・BBWV(ソラマメウイルト ...
(214) カブ黄斑モザイクウイルス(TYMV)の増殖の場の電顕的観察 (昭和46年度日本植物病理学会大会講演要旨)

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
拡張検索カブ黄斑モザイクウイルスタンパクの沈降係数
関連記事ウイルス」「黄斑」「モザイク」「カブ」「

カブ黄斑モザイクウイルスタンパクの沈降係数」

  [★]

[[]]
TYMVウイルスタンパクの沈降係数
[[]]
TYMVウイルスタンパクの沈降係数

ウイルス」

  [★]

virus
ウイルス粒子 virus particleビリオン virion
微生物学抗ウイルス薬国試に出がちなウイルス

ウイルス一覧

感染経路による分類 SMB.374

呼吸器粘膜の局所感染 ライノウイルス
アデノウイルス
コロナウイルス
RSウイルス
インフルエンザウイルス
全身感染 ムンプスウイルス
麻疹ウイルス
風疹ウイルス
ハンタウイルス
水痘・帯状疱疹ウイルス
ラッサウイルス
天然痘ウイルス

学名

目(order, -virales), 科(family, -viridae), 亜科(subfamily, -virinae), 属(genus, -virus), 種(species)

増殖過程

  • 吸着 absorption
  • 侵入 penetration
  • 脱殻 uncoating
  • ゲノムの複製 replication、遺伝子発現 transcription
  • ウイルス粒子の組み立て assembly
  • 放出 release

感染の分類

持続時間

  • 急性感染
  • 慢性感染

ゲノム

  • 一本鎖RNA(-)をゲノムとするウイルスはウイルス粒子内にRNA依存性RNA合成酵素を有する。




黄斑」

  [★]

macula lutea (KH), macula, yellow spot
macula retinae
中心窩 fovea centralis
Henle線維層


黄斑部の機能評価

黄斑疾患

硝子体手術

薬物療法/レーザー療法

硝子体手術/薬物療法/レーザー療法



モザイク」

  [★]

mosaic
混倍数性 mixoploidy
キメラ


  • 同じ人の体の何に、遺伝形質または染色体の数や構造の異なった2種類以上の細胞が存在場合を指す。受精卵の卵割の初期に、染色体の不分離現象が起きた結果生じる (EPT.99)



カブ」

  [★]

turnipBrassica rapa
アブラナアブラナ科アブラナ属カリフラワーキャベツハクサイブロッコリークレソンケールルタバガセイヨウアブラナ

斑」

  [★]

macula
発疹




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡