カゼイ菌

出典: meddic

Lactobacillus caseiL. casei
ラクトバチルス・カゼイ


和文文献

  • 01P1-144 ラットにおける経口投与後のnifedipineの消化管吸収に及ぼすカゼイ菌の影響(薬物相互作用(基礎と臨床),医療薬学の扉は開かれた)

関連リンク

カゼイ菌とはラクトバチルス属の乳酸菌で生きたまま腸にとどくことができ腸内環境改善に貢献します。また口内においてジンジバリス菌の増殖を抑えることができますので歯周病や口臭予防に効果的だといわれています。
L・カゼイ菌とは? カゼイ菌とL・カゼイ菌は同じ物で、乳酸菌の一つです。 正式にはLactobacillus(ラクトバチルス)属の中のcasei(カゼイ)菌で、略してL・カゼイ菌と呼ばれています。 このラクトバチルス属の菌は30種類以上あって ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。

添付文書

薬効分類名

  • 乳酸菌製剤

販売名

ビオラクチス散

組成

1g中 カゼイ菌含量

  • 500mg

1g中 カゼイ菌数

  • 1.5×109〜2.1×1010
  • 添加物として乳糖水和物、結晶セルロース、ヒドロキシプロピルセルロース、トウモロコシデンプンを含有する。
  • 本剤には、製造工程中に使用したペプチド化した脱脂粉乳が残存する。

効能または効果

  • 腸内菌叢の異常による諸症状の改善
  • 通常成人1日3.0gを3回に分割経口投与する。なお、年齢、症状により適宜増減する。

薬効薬理

  • 本剤に用いているLactobacillus casei (L.casei) は、胃酸・胆汁酸等に対する高い消化液耐性を有する14)

腸内菌叢の正常化作用

  • L.caseiは、乳児15)、幼児16)、成人17)および老人18)のいずれにおいても腸管内で増殖し、異常菌叢を正常化する。また、乳酸等各種の有機酸を産生し腸内pHを低下させ、起因菌、外来病原菌の抑制、ウレアーゼ活性の抑制、腸管からのNH3吸収の抑制および腸管蠕動亢進による腸管内有害物質、有害菌の排出等の作用を発揮する16) 19)

有効成分に関する理化学的知見

一般名

  • カゼイ菌

菌種 

  • Lactobacillus casei

性状 

  • 白色〜わずかに黄褐色の粉末で、においはないか、又はわずかに特異なにおいがあり、ごくわずかに苦味がある。


★リンクテーブル★
リンク元Lactobacillus casei」「ラクトバチルス・カゼイ」「L. casei」「ビオラクチス
関連記事

Lactobacillus casei」

  [★]

ラクトバチルス・カゼイカゼイ菌

L. casei


ラクトバチルス・カゼイ」

  [★]

Lactobacillus casei
カゼイ菌


L. casei」

  [★]

  • カゼイ菌
Lactobacillus casei

ビオラクチス」

  [★] カゼイ菌 Lactobacillus casei

菌」

  [★]

fungusfungimicrobial
菌類真菌真菌類微生物




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡