カウンターショック

出典: meddic

countershock
電気的除細動 electrical defibrillation
植込み型除細動器



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 最新版 わかりやすい看護処置マニュアル(第4回)カウンターショック療法と看護(体外式除細動)
  • 福田 珠恵,延近 久子
  • エキスパートナース 17(10), 76-81, 2001-08
  • NAID 50000901775
  • 11) 17回のカウンターショックの後に緊急冠動脈インターベンション施行し,救命し得たAMIの症例
  • 村山 秀喜,田口 修一,石山 実樹,山田 理仁,田中 久美子,増見 智子,池田 成昭
  • Japanese circulation journal 65(SupplementII), 592, 2001-04-20
  • NAID 110002567153

関連リンク

心臓に直接電極をあてておこなう方法がある。致死性不整脈に対しておこなうカウンターショックを電気的除細動(defibrillation)といい,頻拍性不整脈に対しておこなうそれをカーディオバージョン(cardioversion)という。前者 ...
D.循環処置各論 2)カウンターショック 除細動の適応となるケースでは素早い診断と対応が成功の決め手となる。いざというときのために必ずトレーニングしておくことが望ましい。 (1)緊急除細動(Defibrillation) :心電図同期なし
【ベストアンサー】病院内においてCPA発生時のプロトコルでは 反応の確認⇒なし ナースコール又は大声で関係者呼ぶ、またはCPRコールボタンを押す 気道確保、呼吸確認⇒なし バック ...

関連画像

 細動器(カウンターショックカウンターショックカウンターショック手術中は心電図、血圧や呼吸  器(カウンターショック)01前へ 次へ


★リンクテーブル★
先読み植込み型除細動器
リンク元電気的除細動」「急性心停止」「countershock
関連記事ショック」「カウンター」「カウ

植込み型除細動器」

  [★]

implantable cardioverter defibrillator ICDimplantable defibrillator
植え込み型除細動器



電気的除細動」

  [★]

electrical defibrillation, cardioversion, electric countershock
カウンターショック countershock
カルジオバージョン(R波に同期させて行うもの)
  • 心室粗動心室細動を来したとき、1500-2000Vの電圧で1msec通電してこれを除くこと。
  • 心房細動:100-300J (YN.C-44)


急性心停止」

  [★]

cardiac arrest
心停止カウンターショック非開胸式心臓マッサージ


countershock」

  [★] カウンターショック

ショック」

  [★]

shock
虚脱状態
産科ショック

メジャー

心筋梗塞、致死的不整脈、心不全
心タンポナーデ収縮性心膜炎肺血栓塞栓症緊張性気胸
出血性ショック、体液喪失(熱傷)・脱水

マイナー

ショックの5P

ショックの判断

簡便

  • 収縮期血圧 90 mmHg以下

循環モニターのためのデバイス・検査項目

  • 血圧・脈拍
  • 心電図
  • 心エコー
  • 呼吸・血ガス
  • 血液検査・尿検査
  • バルーンカテーテル:残尿を排泄し、30分ごとに尿量、血圧、脈拍を測定する
  • 中心静脈圧
  • スワン・ガンツカテーテル
  • PiCCO
  • 胃トノメトリー

治療

心原性ショック 原疾患の治療
低容量性ショック 輸液、輸血、止血、昇圧剤は原則使用しない
敗血症性ショック 抗菌薬、昇圧薬、エンドトキシン吸着カラム、輸血、血糖コントロール、低容量ステロイド
神経原性ショック 輸液、昇圧薬
アナフィラキシーショック エピネフリン、輸液、抗ヒスタミン剤、ステロイド、昇圧薬、H2ブロッカー
閉塞性ショック 緊張性気胸 胸腔穿刺、胸腔ドレナージ
心タンポナーデ 心嚢穿刺、心膜開窓
肺塞栓 塞栓除去術、血栓溶解術



カウンター」

  [★]

counter
計数管計数器


カウ」

  [★]

RIジェネレーター




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡