オプソニン作用

出典: meddic

opsonization
オプソニン



Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/06/14 16:48:29」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

関連リンク

オプソニン作用 オプソニン作用とは 病原細菌などを貪食する細胞にマクロファージや好中球があります。これらの細胞は体の 中で異物(非自己抗原)を処理する役割を持っています。その貪食活性を高める作用は、 抗原と ...
世界大百科事典 第2版 オプソニン作用の用語解説 - その作用のほとんどは抗体部分のFc部分によって現される。そのおもなものは,好中性多核白血球,マクロファージ(大食細胞)などの食細胞への結合による食作用の促進 ...
... きめんえき〕」と呼ばれています。獲得免疫は病原体特異的で、自然免疫に比べて、その作用は大変強力です。もし最後の砦の感染防御に失敗すると、その病気に感染し、発病してしまいます。 2)免疫グロブリン(抗体 ...

関連画像

抗体の働き(中和作用)の図


★リンクテーブル★
リンク元opsonization
関連記事作用」「オプソニン

opsonization」

  [★] オプソニン作用

WordNet   license wordnet

「process whereby opsonins make an invading microorganism more susceptible to phagocytosis」
opsonisation

作用」

  [★]

actioneffectact
影響行為、効果、行動効力作動措置働く効能条例

オプソニン」

  [★]

opsonin
  • 抗体
  • 補体(C3a)





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡