オトガイ舌骨筋

出典: meddic

geniohypoid (K)
舌骨上筋

-図:

起始

  • 下顎骨(オトガイ棘)

停止

  • 舌骨(舌骨体)

神経

  • 第1,2頚神経前枝

機能

  • 舌骨を前方へ引く。舌骨の固定時→下顎を下げる

カテゴリ

舌骨上筋>:舌骨上筋

geniohyoid muscle

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2012/08/22 19:12:58」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 嚥下障害者の嚥下能力評価 : 表面筋電図と嚥下造影図による検討
  • 喰田 京介,伊賀崎 伴彦,林田 祐樹,村山 伸樹,古閑 公治
  • 電子情報通信学会技術研究報告. MBE, MEとバイオサイバネティックス 110(399), 105-108, 2011-01-20
  • … 影剤含有ゼリー2.5mlを任意に咀嚼,嚥下してもらい,そのときの表面筋電図と嚥下造影図を同時に記録した.その結果,嚥下障害者は健常者と比較して,筋活動持続時間および咽頭期筋活動開始時間差が増大し,オトガイ舌骨筋の咽頭期単位筋活動量と,咽頭期単位筋活動量比が減少することがわかった.また,各嚥下障害者のパラメータの特徴を検討した結果,嚥下障害の程度や障害の原因と,表面筋電図に表れる特微との関連性が …
  • NAID 110008676342
  • 表面筋電図用アクティブ電極は嚥下運動機能評価に適用可能か?
  • 伊賀崎 伴彦,古閑 公治,二宮 寛明,村山 伸樹
  • 電子情報通信学会技術研究報告. MBE, MEとバイオサイバネティックス 108(405), 1-5, 2009-01-16
  • … ーストなしで使用可能な双極銀棒アクティブ電極(以下,「アクティブ電極」と呼ぶ)を用いて,従来の銀-塩化銀粘着ゲルディスポ電極を貼付した皿電極(同,「従来の電極」)との比較検討を行った.その結果,オトガイ舌骨筋,甲状舌骨筋から導出された表面筋電図は,すべての解析パラメータ(遅延時間,持続時間,筋活動量,平均筋活動量,筋活動バースト数,ピーク周波数,平均周波数,中間周波数)でアクティブ電極と従来の電極と …
  • NAID 110007123733
  • 超高速MRIを用いた嚥下機能評価における至適flip angleの検討
  • 石井 広信,小出 馨,土持 眞,丹治 一,佐藤 利英
  • 日本顎口腔機能学会雑誌 15(1), 18-29, 2008-10-30
  • … は,撮像にあたり嚥下機能領域のコントラストの可変パラメータであるflip angleを10°から100°まで,10°間隔の10条件と設定し,この各条件で得られた画像における嚥下関連組織(軟口蓋,舌筋,喉頭蓋,甲状軟骨,オトガイ舌骨筋,下顎骨,舌骨)の信号強度変化および視覚評価の検討を行った.結果:嚥下関連組織の信号強度はflip angleにより有意に変化した.得られた画像においてコントラストを形成する各嚥下関連組織の信号強度の差 …
  • NAID 110007047180

関連リンク

【オトガイ舌骨筋の起始・停止】 (起始) 下顎骨のオトガイ舌骨筋棘に付着。 &n... ... 筋肉.guide 腹筋などの筋肉(主に骨格筋)の名称・起始・停止・神経支配・絵を交えて全ての関係者及びアスリート及び縁ある皆様へお送ります
筋肉・オトガイ舌骨筋 :機能 - 顎舌骨筋の内側にある。 舌骨と舌を持ち上げる。 :神経 - 舌下神経を介して第1頚髄の枝 HOME

関連画像

顎舌骨筋otogaizekkotukin-7gakuzekkotuotogai-6Geniohyoid muscle.PNGgakuzekkotukinside-6Geniohyoideus.png


★リンクテーブル★
リンク元頚神経叢」「舌骨上筋
関連記事オトガイ」「舌骨

頚神経叢」

  [★]

cervical plexus
頚神経

皮枝

頚神経叢

前枝 皮枝 小後頭神経      
大耳介神経      
頚横神経      
鎖骨上神経      
筋枝 横隔神経    
オトガイ舌骨筋 C1+(C2+C3)    
甲状舌骨筋 C1+(C2+C3)    
胸骨舌骨筋 C1+(C2+C3)    
胸骨甲状筋 C1+(C2+C3)    
肩甲舌骨筋 C1+(C2+C3)    
  C1 C2 C3 C4 C5
後枝 皮枝 後頭下神経        
大後頭神経        
第三後頭神経        
筋枝 固有背筋  


Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.


舌骨上筋」

  [★]

suprahyoid muscles (K)
musculi suprahyoidei
舌骨上筋群
舌骨下筋


  • 図:K.18
筋名 起始 停止 支配神経 機能
オトガイ舌骨筋 下顎骨(オトガイ棘) 舌骨(舌骨体) 第1,2頚神経前枝 舌骨を前方へ引く。舌骨の固定時→下顎を下げる
顎舌骨筋 下顎骨(顎舌骨筋線) 舌骨(舌骨体) 三叉神経下顎神経顎舌骨筋神経口底との挙上。舌骨の固定時→下顎を下げる
茎突舌骨筋 側頭骨(茎状突起) 舌骨(舌骨小角) 顔面神経 舌骨を挙上
顎二腹筋 側頭骨(乳突切痕) 下顎骨(下縁) 前腹は三叉神経下顎神経顎舌骨筋神経)。後腹は顔面神経 下顎骨の固定時→舌骨を挙上。舌骨の固定時→下顎骨を下制


オトガイ」

  [★]

mentum, chin
  • 下顎のうち正中に近い突出した部分。類人猿と異なるヒトの特徴 (KH.4)

舌骨」

  [★]

hyoid bone
os hyoideum
喉頭軟骨舌筋群







★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡