オキサミン酸

出典: meddic

oxamic acid
オキサミド酸
シュウ酸
[show details]
  • シュウ酸アミド体

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • LDHがCK活性値測定 (NAD-NADH反応系) に及ぼす影響およびオキサミン酸添加によるLDH阻害能試験の効果
  • オキサミドの土壌中における分解機構
  • 境 昭二,高田 穣,中川 良二,川田 芳雄
  • 日本土壌肥料學雜誌 56(1), 26-30, 1985-02-05
  • … 1)オキサミドは,pH10以上のアルカリ域で加水分解され,オキサミン酸を経てシュウ酸を生成する.酸性域ではpH1以下でなければ加水分解されない.2)オキサミド分解菌富化土壌の水抽出によって調製したオキサミド分解活性を有する溶液(以下,オキサミド活性溶液と略す)は,フッ化アンモニウムによる滅菌処理,あるいはメンブレンフィルターによる除菌処理によってその活性を失う.3)1)および2)から,土壌中におけるオキサミド …
  • NAID 110001753939

関連リンク

ChemicalBook あなたのためにオキサミン酸(471-47-6)の化学的性質を提供して、 融点、価格、蒸気圧、沸点、毒性、比重、沸点、密度、分子式、分子量、物理的な性質、 毒性 税関のコードなどの情報、同時にあなたは更にオキサミン酸(471-47-6)の製品の 全 ...
ChemicalBook あなたのためにオキサミド酸メチル(62155-27-5)の ...

関連画像

左図:2種の細胞系のECAR(細胞 潤滑剤中の摩擦調整剤としての 左図:2種の細胞系のECAR(細胞


★リンクテーブル★
先読みシュウ酸
関連記事

シュウ酸」

  [★]

oxalic acid, oxalate
シュウ酸塩シュウ酸エステル
  • HOOC-COOH

酸解離定数

  • pK1= 1.271
  • pK2= 4.266

wikipedia ja

  • H2C2O4 + H2O → H3O+ + HC2O4- pK1=1.27
  • HC2O4- + H2O → H3O+ + C2O42- pK2=4.27



酸」

  [★]

acid
塩基


ブランステッド-ローリーの定義

ルイスの定義



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡