オウム病クラミジア

出典: meddic

Chlamydophila psittaci, (旧)Chlamydia psittaciC. psittaci
クラミドフィラ・シッタシ、(旧)クラミジア・シタッシ
クラミジア感染症




UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • オウム病クラミジア集団発生事例 分離株ゲノム配列決定とその意義 (特集 人と動物の共通感染症最前線(8))
  • 大屋 賢司,黒田 誠,関塚 剛史 [他]
  • 獣医畜産新報 64(10), 804-806, 2011-10
  • NAID 40019012068
  • オウム病クラミジアの生態と病原性
  • 福士 秀人,大屋 賢司
  • 鶏病研究会報 43(2), 115-116, 2007-08-25
  • NAID 10022567712

関連リンク

感染症の話トップページへ 2001年第45週(11月5日~11日)掲載 オウム病(psittacosis ) オウム病はオウム病クラミジア(Chlamydia psittaci 以下C. psittaci)による人獣共通感染症である。 感染様式としては、病鳥の排泄物からのC. psittaci ...
はじめに オウム病はオウム病クラミジア Chlamydophila (Chlamydia) psittaci を病原体とし,オウムインコ類など愛玩用の鳥からヒトに感染し,肺炎などの気道感染症を引き起こす疾患です。感染症法では全数届け出の第4類疾患とされています ...
オウム病 平成14年1月16日付けの新聞紙上で、松江市のフォーゲルパーク(トリと気軽に触れ合うことができる体験型のトリの展示・飼育施設)でオウム病の集団感染が発生したことが報道され、最終的には飼育員5名と来園者11名、計16名 ...

関連画像

図3. オウム病クラミジアの電顕 オウム病オウム病 オウム病 オウム病  オウム病クラミジアがいっぱいクラミジア肺炎(オウム病を オウム病オウム病オウム病


★リンクテーブル★
先読みクラミジア感染症
リンク元特殊な細菌」「Chlamydophila psittaci」「クラミドフィラ属」「クラミジア・シタッシ」「クラミドフィラ・シタッシ
関連記事オウム病」「クラミジア」「」「オウム

クラミジア感染症」

  [★]

Chlamydia infection
クラミジア属



特殊な細菌」

  [★]

細菌

マイコプラズマリケッチアクラミジア

寄生性 大きさ グラム染色性 細胞壁 LPS ペプチド
グリカン
封入体 免疫原性 感染経路 無効抗菌薬
マイコプラズマ科   直径0.3μm   なし なし なし なし   飛沫感染 βラクタム薬
リケッチア科 偏性細胞寄生性 (0.3-0.5)x(0.8-2.0)μm 陰性 あり あり あり なし   媒介動物 βラクタム薬
クラミジア科 偏性細胞寄生性   陰性 あり あり なし あり なし 飛沫感染/接触感染/性行為 βラクタム薬、アミノ配糖体系

マイコプラズマリケッチアクラミジアと疾患

病原体名 疾患名 潜伏期 感染経路 診断 症状 治療
マイコプラズマ科 マイコプラズマ属 Mycoplasma pneumoniae 肺炎マイコプラズマ マイコプラズマ肺炎   飛沫感染     マクロライド系・テトラサイクリン系
リケッチア科 オリエンチア属 Orientia tsutsugamushi   ツツガムシ病 4-18日 ツツガムシ Weil-Felix反応/蛍光抗体法/免疫ペルオキシダーゼ法/ペア血清   テトラサイクリン系
ニューロキノロン系
リケッチア科 リケッチア属 Rickettsia japonica   日本紅斑熱 2-8日 マダニ Weil-Felix反応  
リケッチア科 エールリキア属 Ehrlichia sennetsu   腺熱 10-17日 不明    
リケッチア科 コクシエラ属 Coxiella burnetii   Q熱 14-26日 経気道的、経口的、経皮的。人獣共通感染症     テトラサイクリン系・ニューキノロン系・リファンピシン併用
リケッチア科 バルトネラ属 Bartonella henselae   Bartonella henselae感染症
(ネコひっかき病/細菌性血管腫症)
        マクロライド系・テトラサイクリン系
クラミジア科 クラミジア属 Chlamydia psittaci オウム病クラミジア   7-10日       テトラサイクリン系、マクロライド系。
βラクタム、アミノ配糖体無効。
基本小体に作用しない
クラミジア科 クラミジア属 Chlamydia trachomatis トラコーマクラミジア   1-5週 性行為    
クラミジア科 クラミドフィラ属 Chlamydophila pneumoniae 肺炎クラミジア   3-4週    


Chlamydophila psittaci」

  [★]

オウム病クラミジアクラミドフィラ・シタッシC. psittaciChlamydia psittaci
クラミジア科 クラミドフィラ属クラミジア属psittacine オウム類



  • first aid step1 2006 p.144

特徴

感染症


クラミドフィラ属」

  [★]

Chlamydophila
Chlamydophila属クラミドフィラ
クラミジア属(トラコーマ・クラミジア Clamydia trachomatis)


病原体


クラミジア・シタッシ」

  [★]

Chlamydia psittaci
オウム病クラミジア


クラミドフィラ・シタッシ」

  [★]

Chlamydophila psittaci
オウム病クラミジア

オウム病」

  [★]

psittacosis
インコ飼い病 budgerigar fancier disease、オルニトーシス ornithosis、鸚鵡病
人畜共通感染症(トリでは無症状なのだが・・・)、非定型肺炎

概念

  • interstitial pneumonitis accompanied by headache, backache, and a dry, hacking cough
  • a pale, macular rash is also found on the trunk(Horder's spot)
  • 四類感染症

疫学

病原体

  • オウム病クラミジア Chlamydia psittaci

感染経路

  • 経気道感染:トリの排泄物の吸入
  • 経口感染:口移しで餌をやるなど

潜伏期

  • 7-14日

症状

  • 初発症状は突然の発熱と咳嗽
  • 激しい乾性咳、全身倦怠感、発熱、頭痛、比較的徐脈、
  • 重症例では肝脾腫、黄疸

検査

  • 血算:
  • 白血球:不変
  • 胸部単純X線写真:間質性肺炎

治療

  • 薬物療法

参考

  • 1. [charged] オウム病 - uptodate [1]



クラミジア」

  [★]

chlamydia
ベドソニア Bedsonia
リケッチアマイコプラズマ特殊な細菌

ヒトに感染性のクラミジア

  • 広義には、クラミジア目(Chamydiales)に属する細菌の総称と思われる。
  • 狭義には、4つの科(Family I, Family II, Family III, Family IV)のうちのFamily I(Chlamydiaceae)を指すと思われる。

クラミジア科

クラミジアの特徴

宿主細胞の中で増殖し、封入体を形成する



病」

  [★]

diseasesickness
疾病不調病害病気疾患


オウム」

  [★]

parrot
オウム類オウム目




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡