エプラジノン

出典: meddic

eprazinone
塩酸エプラジノン eprazinone hydrochloride
レスプレン
ピペラジン


和文文献

  • 塩酸エプラジノンの去痰効果--全国112施設3,550例の治験報告の集計から
  • 岡安 大仁,宮川 智秀
  • 臨牀と研究 57(7), p2323-2331, 1980-07
  • NAID 40003786344
  • 塩酸エプラジノン(レスプレン)による日光性皮膚炎の1例
  • 東 禹彦,平田 摂子
  • 臨床皮膚科 32(2), p121-125, 1978-02
  • NAID 40003792507
  • 乳癌術後照射による放射線性上気道炎に対する塩酸エプラジノンの鎮咳作用の検討

関連リンク

レスプレンとは?エプラジノンの効能,副作用等を説明,ジェネリックや薬価も調べられる( おくすり110番:病気別版)
レスプレンとは?エプラジノンの効能,副作用等を説明,ジェネリックや薬価も調べられる( おくすり110番:薬事典版)

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。

添付文書

薬効分類名

  • 鎮咳・気道粘液溶解剤

販売名

レスプレン錠5mg

組成

販売名

  • レスプレン錠5mg

成分(1錠中):有効成分・含有量

  • エプラジノン塩酸塩 5mg

成分(1錠中):添加物

  • 乳糖水和物、結晶セルロース、トウモロコシデンプン、タルク、ヒドロキシプロピルセルロース、ステアリン酸マグネシウム、ヒプロメロース、メタクリル酸コポリマーLD、ラウリル硫酸ナトリウム、ポリソルベート80、マクロゴール6000、酸化チタン、グリセリン、白色セラック、カルナウバロウ、ステアリン酸

効能または効果

下記の呼吸器疾患時の鎮咳及び去痰

  • 肺結核、肺炎、気管支拡張症、気管支喘息、急・慢性気管支炎、上気道炎、感冒


  • 通常、成人1日量エプラジノン塩酸塩として60〜90mgを3回に分けて経口投与する。

30mg錠の場合

  • 通常成人1回1錠(エプラジノン塩酸塩として30mg)を1日3回経口投与する。
    年齢・症状により適宜増減する。
    幼・小児においてはエプラジノン塩酸塩として下記量を1日量として3回に分けて経口投与する。

3歳以上 6歳未満

  • 20〜30mg

6歳以上 10歳未満

  • 30〜45mg
  • (参考)下記量を3回に分けて経口投与する。
  成人1日量
(分3)
幼・小児1日量(分3):
3歳以上6歳未満
幼・小児1日量(分3):
6歳以上10歳未満
5mg錠 12〜18錠 4〜6錠 6〜9錠
20mg錠 3〜4錠
30mg錠 3錠

薬効薬理

去痰作用

酸性ムコ多糖類線維・DNA高含有線維溶解作用4)

  • 慢性呼吸器疾患患者から採取した喀痰にエプラジノン塩酸塩を添加し、細胞学的に検討した結果、酸性ムコ多糖類線維・DNA高含有線維の性状を変化させ、膨化・離断する作用により強い粘液溶解作用を示した(in vitro)。

喀痰粘稠度低下作用5‐8)

  • 慢性呼吸器疾患患者から採取した喀痰にin vitroでエプラジノン塩酸塩を添加し、回転粘度計法、Ostwald粘度計法、Hirsch変法、斜面法で検討した結果、明らかに粘稠度低下作用を示した。

気道内分泌液増加作用9)

  • マウスを用いて気道分泌液に対するエプラジノン塩酸塩の作用を検討した結果、明らかな気道分泌液増加作用が投与3時間後まで認められ、気道内に障害を惹起させた場合でも分泌液を増加させた。

鎮咳作用10‐12)

  • モルモット、ネコ、イヌ等を用いた電気的刺激、機械的刺激、化学的刺激実験においてコデインリン酸塩水和物に匹敵する鎮咳作用を示した。


有効成分に関する理化学的知見

一般名

  • エプラジノン塩酸塩(Eprazinone Hydrochloride)(JAN)

化学名

  • 1‐(2‐Phenyl‐2‐ethoxy)ethyl‐4‐(2‐benzoyl)propylpiperazine dihydrochloride

分子式

  • C24H32N2O2・2HCl

分子量

  • 453.45

性 状

  • 白色の結晶性の粉末で、においはなく、味は苦く、舌をわずかに麻痺する。
    熱湯にやや溶けやすく、水又は酢酸(100)にやや溶けにくく、メタノール、無水酢酸又はエタノール(95)に溶けにくく、ジエチルエーテルにほとんど溶けない。

融 点

  • 約197℃(分解)


★リンクテーブル★
先読みeprazinone hydrochloride
リンク元鎮咳薬」「eprazinone

eprazinone hydrochloride」

  [★]

eprazinone

鎮咳薬」

  [★]

antitussive, antitussives


分類

中枢性鎮咳薬

末梢性鎮咳薬


eprazinone」

  [★]

エプラジノン

eprazinone hydrochloride




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡