エグアレンナトリウム

出典: meddic

エグアレン

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • エグアレンナトリウム(アズロキサ^【○!R】錠・顆粒)の小腸損傷抑制作用機序
  • 野々山 兼市
  • 潰瘍 = Ulcer research 39(1), 1-4, 2012-05-20
  • NAID 10030578529
  • アスピリン誘起ラット小腸傷害に対する胃粘膜防御薬エグアレンナトリウムの効果
  • 野々山 兼市,岡部 進
  • 潰瘍 = Ulcer research 37(1), 97-102, 2010-05-20
  • NAID 10027081522
  • モルモット結膜におけるU-46619の炎症作用およびエグアレンナトリウム点眼液の効果
  • 島田 剛,松本 真,若林 修一,冨山 格,岡崎 光雄
  • 眼薬理 = Japanese journal of ocular pharmacology 9(1), 35-39, 1995-08-20
  • NAID 10025686435

関連リンク

錠15mg:通常、成人はH2受容体拮抗薬に併用して、1回1錠(エグアレンナトリウム水 和物として15mg)を1日2回(朝食後および就寝前)経口服用する。 顆粒2.5%:通常、 成人はH2受容体拮抗薬に併用して、1回0.6g(エグアレンナトリウム水和物として15mg ) ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。

添付文書

薬効分類名

  • 胃潰瘍治療剤

販売名

アズロキサ錠15mg

組成

成分・含量

  • 1錠中エグアレンナトリウム水和物15mg

添加物

  • トウモロコシデンプン、結晶セルロース、ヒドロキシプロピルセルロース、クロスポビドン、ポビドン、炭酸水素ナトリウム、ステアリン酸マグネシウム、ヒプロメロース、酸化チタン

効能または効果

  • 胃潰瘍におけるH2受容体拮抗薬との併用療法
  • アズロキサ錠15mg:

通常、成人にはH2受容体拮抗薬に併用して、1回1錠(エグアレンナトリウム水和物として15mg)を1日2回(朝食後および就寝前)経口投与する。 アズロキサ顆粒2.5%:
通常、成人にはH2受容体拮抗薬に併用して、1回0.6g(エグアレンナトリウム水和物として15mg)を1日2回(朝食後および就寝前)経口投与する。

慎重投与

  • 腎機能低下のある患者〔本剤は大部分が未変化体のまま尿中に排泄されるので、血中濃度が持続する可能性がある。〕
  • 高齢者〔「高齢者への投与」の項参照〕

薬効薬理

  • 実験病態モデル

胃粘膜損傷形成抑制作用5)6)

  • ラットにおいて、エタノール、塩酸、アスピリン及び水酸化ナトリウム等の壊死性物質による胃粘膜損傷を抑制する。

潰瘍治癒促進作用7)8)

  • ラット酢酸潰瘍に対して潰瘍治癒を促進する。
  • 作用機序

pHに依存しない胃粘膜の被覆保護作用9)10)

  • ラット酢酸潰瘍において、pH非依存的かつ選択的に潰瘍部位に付着、結合し、潰瘍部位を被覆することにより直接保護する。

血管新生作用11)12)

  • ラット酢酸潰瘍において、潰瘍部位のb-FGF(塩基性線維芽細胞増殖因子)増加作用により潰瘍底の血管新生を増加させ潰瘍の治癒を促進する。このb-FGFの増加作用は、主にペプシン等の蛋白分解酵素によるb-FGFの不活性化の抑制作用による。

胃酸分泌抑制剤との相乗作用13)

  • ラットの急性潰瘍モデルである幽門結紮アスピリン胃損傷並びに慢性潰瘍モデルである酢酸潰瘍において、胃酸分泌抑制剤との相乗作用を示す。

創傷治癒促進作用14)

  • ハムスターにおいて、酢酸塗布及び熱ゴテ接触により誘発した損傷の治癒を促進する。

ペプシン活性抑制作用15)

  • 基質阻害型の抗ペプシン作用を示す(in vitro)。

胃粘膜血管保護作用16)

  • ラットにおいて、エタノール投与による胃粘膜血管損傷を抑制する。

胃粘膜増殖帯保護作用17)

  • ラットにおいて、エタノール投与による胃粘膜増殖帯の損傷を抑制し、粘膜の修復を促進する。

トロンボキサンA2(TXA2)拮抗作用18)19)

  • ラットにおいてU-46619(TXA2の誘導体)誘発による胃粘膜損傷を抑制する。また、イヌ摘出胃動脈標本を用いたin vitroの試験において、TXA2拮抗作用を示す。

ヒスタミン遊離抑制作用

  • 胃及び腹腔肥満細胞並びに感作肺切片からのヒスタミン遊離を抑制する(in vitro)。

膜安定化作用

  • 細胞膜リン脂質二重層の膜を安定化する(in vitro)。

内因性プロスタグランジンを介さない細胞保護作用16)

  • ラットの胃粘膜プロスタグランジンE2量に対しては影響を及ぼさず、内因性プロスタグランジンを介さない保護作用を示す。


有効成分に関する理化学的知見

一般名

  • エグアレンナトリウム水和物(Egualen Sodium Hydrate)

化学名

  • sodium 3-ethyl-7-isopropyl-1-azulenesulfonate 1/3 hydrate

分子式

  • C15H17NaO3S・1/3 H2O

分子量

  • 306.35

融点

  • 151〜158℃(分解)

性状

  • 青色の結晶又は結晶性の粉末で、わずかに特異なにおいがあり、味は苦い。水又はメタノールに溶けやすく、エタノール(99.5)にやや溶けやすく、アセトンにやや溶けにくく、クロロホルムに極めて溶けにくく、ジエチルエーテル又はヘキサンにほとんど溶けない。
    本品の水溶液(1→100)のpHは5.5〜6.5である。


★リンクテーブル★
リンク元egualen sodium
関連記事ナトリウム」「トリウム」「エグアレン」「トリ」「アレン

egualen sodium」

  [★]

  • エグアレンナトリウム
egualen


ナトリウム」

  [★]

sodium, natrium, Na
Na+



血液(血清)中のナトリウム (臨床検査法提要第32版)

  • 136-145 mEq/l

尿中のナトリウム

  • <20 mEq/l (正常と判断できる範囲)
  • >40 mEq/l (腎性腎不全を示唆)

Na排泄率

  • ≦1% (臨床検査法提要第32版)

尿Na,Kと血清Naによる血清Naの予測

経口摂取と輸液による自由水の摂取がなければ
尿([Na+]+[K+]) < 血清[Na+] → 血清[Na+]上昇
尿([Na+]+[K+]) = 血清[Na+] → 血清[Na+]普遍
尿([Na+]+[K+]) > 血清[Na+] → 血清[Na+]低下

食品中の食塩量

  • ほとんどの製品ラベルに記載されている、ナトリウム[g]はそのまま食塩量[g]と考えることができないので、指導する債には注意を促す。
  • 分子量から考えるとNa(23), Cl(35.5)なので、ナトリウムx[g]は食塩 x /23 * (23 + 35.5)、つまり2.54 * x [g]となる。
例えば、小生が常食している某社のインスタントラーメンにはナトリウム2[g]との記載があるが、これは5.08gの食塩が含まれているということになる。もちろんスープは全部飲む。1日3袋食べたことがあるのだが、、、

臨床関連


トリウム」

  [★]

thoriumTh
トロトラスト、232Th

概念

参考1
  • 原子番号:90
  • 元素記号:Th
  • アクチノイド元素の一つ
  • 銀白色の金属。
  • 安定同位体は存在しない。
  • 北欧神話の軍神または雷神トールにちなんで名づけられた。

同位体

参考1
同位体 NA 半減期 DM DE (MeV) DP
228Th trace 1.9116 y α 5.52 224Ra
229Th syn 7340 y α 5.168 225Ra
230Th trace 75380 y α 4.77 226Ra
231Th trace 25.5 h β 0.39 231Pa
232Th 100 % 1.405 × 1010 y α 4.083 228Ra
234Th trace 24.1 d β 0.27 234Pa

参考

  • 1. wikipedia ja
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%AA%E3%82%A6%E3%83%A0


エグアレン」

  [★]

egualen
エグアレンナトリウム egualen sodium
アズロキサ


トリ」

  [★]

birdavian
鳥類


アレン」

  [★]

alleneallenic




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡