エカベトナトリウム

出典: meddic

エカベト

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 放射線性腸炎
  • 千野 晶子,管沼 孝紀,浦上 尚之,岸原 輝仁,小川 大志,五十嵐 正広
  • 日本消化器内視鏡学会雑誌 = Gastroenterological endoscopy 52(5), 1381-1392, 2010-05-20
  • 前立腺癌や子宮癌において放射線治療が第一義的な治療となる例は多い.放射線照射により影響を受ける骨盤内組織や腸管に対する障害は,腸管運動の障害をはじめ,直腸およびS状結腸の出血性変化や潰瘍,狭窄,瘻孔形成,さらに小腸潰瘍などに及ぶ.放射線による障害は発症時期により早期障害と晩期障害に分けられ,両者の病態は病理学的にも違うため予後や対処方法は異なる.晩期障害の代表的症状は,血便が約8割を占め排便障害や …
  • NAID 10026910125
  • 多発直腸潰瘍が先行しループス腸炎へ進展した全身性エリテマトーデスの1例
  • 八島 一夫,松岡 宏至,大谷 英之,八杉 晶子,前田 和範,松本 和也,香田 正晴,河口 剛一郎,原田 賢一,村脇 義和
  • 日本消化器内視鏡学会雑誌 = Gastroenterological endoscopy 51(5), 1317-1322, 2009-05-20
  • … 症例は63歳,全身性エリテマトーデスの女性.2年前に排便困難,下腹部痛が出現し,大腸内視鏡検査にて直腸に多発潰瘍を認めた.局所療法としてエカベトナトリウム注腸,プレドニン注腸等を行い,症状・潰瘍は改善した.今回下腹部痛の出現,直腸潰瘍の増悪により入院.症状改善せず,腹膜刺激症状の出現,CT所見にてループス腸炎と診断した.ステロイドパルスおよびエンドキサンパルス療法により改善した. …
  • NAID 10024849264
  • 5.非びらん性逆流症(NERD)に対するエカベトナトリウムの作用の検討(一般演題, 第24回山口県食道疾患研究会)
  • 白石 龍,吉田 智治,白井 保之,権藤 俊一,坂井田 功
  • 山口医学 56(4), 140-141, 2007-08-31
  • NAID 110006388578

関連リンク

通常、成人は本剤を1回1.5g(エカベトナトリウムとして1g)、1日2回(朝食後、就寝前)経口服用する。なお、年齢、症状により適宜増減する。 ※用法用量は症状により異なります。医師の指示を必ずお守りください。 副作用 安全性の高いお ...
エカベトナトリウムの効果・副作用について解説します。 ... エカベトナトリウムについての基本情報 エカベトナトリウムの効能・作用……効能は『胃潰瘍・急性胃炎・慢性胃炎の急性増悪期』です。

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。

添付文書

薬効分類名

  • 胃炎・胃潰瘍治療剤

販売名

エカベトNa顆粒66.7%「TCK」

組成

有効成分の名称

  • エカベトナトリウム水和物

含量

  • 1g中エカベトナトリウム水和物0.667g

添加物

  • D-マンニトール、dl-リンゴ酸Na、ステアリン酸Mg、アスパルテーム(L-フェニルアラニン化合物)、l-メントール

効能または効果

下記疾患の胃粘膜病変(びらん、出血、発赤、浮腫)の改善

  • 急性胃炎、慢性胃炎の急性増悪期

胃潰瘍


  • 通常、成人には本剤を1回1.5g(エカベトナトリウム水和物として1g)、1日2回(朝食後、就寝前)経口投与する。
    なお、年齢、症状により適宜増減する。

薬効薬理

  • エカベトNa顆粒66.7%「TCK」と標準製剤(顆粒剤、66.7%)を用いて、ラットによる2種の実験潰瘍モデル(エタノール誘発潰瘍、アスピリン誘発潰瘍)における損傷抑制率を比較検討した結果、両製剤ともコントロール群に比較して有意な抗潰瘍作用が認められた。また両製剤の結果に有意差は認められず、両製剤の生物学的同等性が確認された。2)

有効成分に関する理化学的知見

性状

  • 白色の結晶である。
    メタノールに溶けやすく、水又はエタノール(99.5)に溶けにくい。
    水酸化ナトリウム試液に溶ける。
    1.0gを水200mLに溶かした液のpHは約3.5である。


★リンクテーブル★
リンク元ecabet sodium
関連記事ナトリウム」「トリウム」「エカベト」「トリ

ecabet sodium」

  [★] エカベトエカベトナトリウム

ナトリウム」

  [★]

sodium, natrium, Na
Na+



血液(血清)中のナトリウム (臨床検査法提要第32版)

  • 136-145 mEq/l

尿中のナトリウム

  • <20 mEq/l (正常と判断できる範囲)
  • >40 mEq/l (腎性腎不全を示唆)

Na排泄率

  • ≦1% (臨床検査法提要第32版)

尿Na,Kと血清Naによる血清Naの予測

経口摂取と輸液による自由水の摂取がなければ
尿([Na+]+[K+]) < 血清[Na+] → 血清[Na+]上昇
尿([Na+]+[K+]) = 血清[Na+] → 血清[Na+]普遍
尿([Na+]+[K+]) > 血清[Na+] → 血清[Na+]低下

食品中の食塩量

  • ほとんどの製品ラベルに記載されている、ナトリウム[g]はそのまま食塩量[g]と考えることができないので、指導する債には注意を促す。
  • 分子量から考えるとNa(23), Cl(35.5)なので、ナトリウムx[g]は食塩 x /23 * (23 + 35.5)、つまり2.54 * x [g]となる。
例えば、小生が常食している某社のインスタントラーメンにはナトリウム2[g]との記載があるが、これは5.08gの食塩が含まれているということになる。もちろんスープは全部飲む。1日3袋食べたことがあるのだが、、、

臨床関連


トリウム」

  [★]

thoriumTh
トロトラスト、232Th

概念

参考1
  • 原子番号:90
  • 元素記号:Th
  • アクチノイド元素の一つ
  • 銀白色の金属。
  • 安定同位体は存在しない。
  • 北欧神話の軍神または雷神トールにちなんで名づけられた。

同位体

参考1
同位体 NA 半減期 DM DE (MeV) DP
228Th trace 1.9116 y α 5.52 224Ra
229Th syn 7340 y α 5.168 225Ra
230Th trace 75380 y α 4.77 226Ra
231Th trace 25.5 h β 0.39 231Pa
232Th 100 % 1.405 × 1010 y α 4.083 228Ra
234Th trace 24.1 d β 0.27 234Pa

参考

  • 1. wikipedia ja
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%AA%E3%82%A6%E3%83%A0

エカベト」

  [★]

ecabet
エカベトナトリウム ecabet sodium
ガストローム


抗潰瘍薬;テルペン系


トリ」

  [★]

birdavian
鳥類




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡