エアゾリンD1

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

エアゾリンD1とは?効能,副作用等を説明,ジェネリックや薬価も調べられる(おくすり110番:薬事典版) ... 用法用量は医師・薬剤師の指示を必ずお守りください。 すべての副作用を掲載しているわけではありません。
武田薬品工業株式会社が提供する医療関係者向け「製品情報ページ」です。エアゾリンD1の添付文書、インタビューフォーム、製剤写真などの各種製品情報を掲載しています。
武田薬品工業株式会社のエアゾリンD1(57g)(外皮用薬)、一般名プレドニゾロン(Prednisolone) フラジオマイシン硫酸塩(Fradiomycin sufate) の効果と副作用、写真、保管方法等を掲載。 ... 以前に薬を使用して、かゆみ、発疹などの ...

関連画像

エアゾリンD1通常 皮膚 感染症 湿疹 皮膚炎 規格 17g 10 缶 箱 1 容器 17g 中 エアゾリンD1

添付文書

薬効分類名

  • フラジオマイシン硫酸塩・プレドニゾロン噴霧液

販売名

エアゾリンD1

組成

容量

  • 17g

1容器中の有効成分

  • プレドニゾロン 15mg
    *フラジオマイシン硫酸塩 15mg(力価)

添加物

  • ミリスチン酸イソプロピル、モノオレイン酸ソルビタン、液化石油ガス

禁忌

(次の場合又は次の患者には使用しないこと)

  • フラジオマイシン耐性菌又は非感性菌による皮膚感染のある場合
    [免疫機能抑制作用により、症状が増悪することがある。]
  • 皮膚結核、単純疱疹、水痘、帯状疱疹、種痘疹
    [免疫機能抑制作用により、症状が増悪することがある。]
  • 真菌症(白癬、カンジダ症等)
    [免疫機能抑制作用により、症状が増悪することがある。]
  • 鼓膜に穿孔のある湿疹性外耳道炎
    [難聴があらわれることがある。]
  • 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者
  • フラジオマイシン、カナマイシン、ストレプトマイシン、ゲンタマイシン等のアミノ糖系抗生物質及びバシトラシンに対して過敏症の既往歴のある患者
  • 潰瘍(べーチェット病は除く)、第2度深在性以上の熱傷・凍傷
    [肉芽組織増殖抑制作用により、治癒(組織修復)が障害されることがある。]


効能または効果

適応菌種

  • フラジオマイシン感性菌

適応症

  • 深在性皮膚感染症、慢性膿皮症
    湿潤、びらん、結痂を伴うか、又は二次感染を併発している次の疾患:
    ●湿疹・皮膚炎群(進行性指掌角皮症、ビダール苔癬、放射線皮膚炎、日光皮膚炎を含む)
    ●皮膚そう痒症(陰部・肛門部)
    ●薬疹・中毒疹
    ●虫さされ
    ●紅斑症(滲出性紅斑)
  • 使用前に振とうし、患部から約10〜15cm離して1回1〜2秒間、症状の程度により1日1〜数回患部に噴霧する。
    また、容器は立てて使用すること。

慎重投与

(次の患者には慎重に使用すること)

  • 薬剤過敏症の既往歴のある患者


薬効薬理

  • プレドニゾロンは、動物試験(ウサギ)でクロトン油による皮膚炎に対してヒドロコルチゾンより強い抗炎症作用を示すことが認められている。1)
    また、抗炎症作用は、ヒト皮膚局所適用によっても認められている。2)
  • フラジオマイシン硫酸塩は、グラム陽性菌に属する化膿球菌、特にブドウ球菌に抗菌作用を示す。3)

有効成分に関する理化学的知見

一般名

  • フラジオマイシン硫酸塩(Fradiomycin Sulfate)〔JAN〕

分子式

  • C23H46N6O13・3H2SO4

分子量

  • 908.88

性状

  • フラジオマイシン硫酸塩は、白色〜淡黄色の粉末である。水に溶けやすく、エタノール(95)にほとんど溶けない。吸湿性である。


★リンクテーブル★
関連記事リン」「D」「エアゾリン

リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3






D」

  [★]

WordNet   license wordnet

「the 4th letter of the Roman alphabet」
d

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「deuteriumの化学記号」


エアゾリン」

  [★] フラジオマイシンプレドニゾロン




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡