ウロコルチン

出典: meddic

urocortin

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 摂食抑制ホルモンと上部消化管運動抑制作用
  • 改元 香,浅川 明弘,蔡 明倫,牛飼 美晴,安宅 弘司,小山 憲一郎,佐藤 友紀,加藤 郁夫,藤宮 峯子,乾 明夫
  • 消化器心身医学 20(1), 14-17, 2013
  • … 摂食行動と消化管運動密接に関連しており,摂食促進系物質である神経ペプチドYやグレリンは上部消化管運動を亢進させ,摂食抑制系物質であるCRFやウロコルチンは上部消化管運動を抑制させることが明らかとなっている。 …
  • NAID 130004626080
  • ストレス関連ペプチドの消化管機能制御について―脳‐腸相関の観点から―
  • 大野 志乃,魯 昭輝,落合 光子,高山 清茂,屋嘉比 康治
  • 消化器心身医学 20(1), 10-13, 2013
  • … ストレスにより視床下部のCRF(corticotropin releasing factor またはcorticotropin releasing hormone)関連ペプチドが増加することが知られておりCRFのFDの病態における役割についてCRF受容体agonist であるウロコルチン1(UCN1)をラット脳室内投与し,食欲の変化とGhrelinの動態,さらに受容体subtype,中枢神経における伝達機序について検討し,FDの病態における役割について脳―腸相関の観点から考察した。 …
  • NAID 130004626079
  • CRFファミリーペプチドによる消化管機能の制御 (第1土曜特集 神経消化器病学の進歩) -- (ストレスと神経消化器病)
  • 蔭山 和則,須田 俊宏
  • 医学のあゆみ 238(10), 972-976, 2011-09-03
  • NAID 40018962510

関連リンク

ウロコルチン は、 CRFファミリーに属する新規ペプチドであり、ウロコルチン-1, -2, -3の3種の存在が知られる。高橋らは最近、ウロコルチン-3(別名 ストレスコピン)の心臓と腎臓における存在を証明した。ウロコルチン-3は、CRF2型 ...
医療・医学に関する用語集 ウロコルチン 当サイトでは、医療・医学に関する用語を、50音別に解かりやすく説明しております。現代のストレス社会 において、成人病やさまざまな病気に対して、悩んでいる人も多いことと思います。

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事ルチン

ルチン」

  [★]

rutin
ルトシド rutoside
ビタミンP




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡