ウエストナイルウイルス感染症

出典: meddic

West Nile viral infection
ウエストナイルウイルス感染West Nileウイルス感染症西ナイルウイルス感染症

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/09/01 21:08:09」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • ウエストナイルウイルス感染症 (特集 今知るべき小児感染症領域の新しい知見2011) -- (最近注目されているウイルス)
  • ウエストナイルウイルス感染症(油性アジュバント加)不活化ワクチン
  • 荒尾 恵
  • 日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association 64(5), 353-354, 2011-05-20
  • NAID 10029383974

関連リンク

ウエストナイル熱(ウエストナイルねつ、West Nile fever、西ナイル熱とも)は、ウエスト ナイルウイルスによる感染症の一種である。感染症法では4類に属する。ウエストナイル ウイルスは、1937年にウガンダの西ナイル地方で最初に分離された。日本脳炎 ウイルス ...
ウエストナイル熱についてについて紹介しています。 ... 2 ウエストナイル熱の診断、治療 等について. ウエストナイル熱の診断・治療ガイドライン · 感染症の診断・治療 ガイドライン. 3 ウエストナイル熱の感染が疑われる患者の対応要領について. 詳細. 4 ウエスト ...

関連画像

ウエストナイル熱流行地域 ウエストナイルウイルス感染症 ウエストナイルウイルスと ウエストナイル熱は、実はまだ ウエストナイル熱とは赤色:ウエストナイルウイルス


★リンクテーブル★
リンク元West Nileウイルス感染症」「West Nile viral infection」「西ナイルウイルス感染症」「ウエストナイルウイルス感染
関連記事ウイルス」「感染症」「エス」「感染」「

West Nileウイルス感染症」

  [★]

West Nile viral infection
ウエストナイルウイルス感染ウエストナイルウイルス感染症西ナイルウイルス感染症

West Nile viral infection」

  [★]

ウエストナイルウイルス感染症ウエストナイルウイルス感染西ナイルウイルス感染症West Nileウイルス感染症


西ナイルウイルス感染症」

  [★]

West Nile viral infection
ウエストナイルウイルス感染ウエストナイルウイルス感染症West Nileウイルス感染症


ウエストナイルウイルス感染」

  [★]

West Nile viral infection
ウエストナイルウイルス感染症West Nileウイルス感染症西ナイルウイルス感染症

ウイルス」

  [★]

virus
ウイルス粒子 virus particleビリオン virion
微生物学抗ウイルス薬国試に出がちなウイルス

ウイルス一覧

感染経路による分類 SMB.374

呼吸器粘膜の局所感染 ライノウイルス
アデノウイルス
コロナウイルス
RSウイルス
インフルエンザウイルス
全身感染 ムンプスウイルス
麻疹ウイルス
風疹ウイルス
ハンタウイルス
水痘・帯状疱疹ウイルス
ラッサウイルス
天然痘ウイルス

学名

目(order, -virales), 科(family, -viridae), 亜科(subfamily, -virinae), 属(genus, -virus), 種(species)

増殖過程

  • 吸着 absorption
  • 侵入 penetration
  • 脱殻 uncoating
  • ゲノムの複製 replication、遺伝子発現 transcription
  • ウイルス粒子の組み立て assembly
  • 放出 release

感染の分類

持続時間

  • 急性感染
  • 慢性感染

ゲノム

  • 一本鎖RNA(-)をゲノムとするウイルスはウイルス粒子内にRNA依存性RNA合成酵素を有する。




感染症」

  [★]

infectious disease
感染定着感染症法


  • 病原体から引き起こされる疾患
  • 感染が成立して、宿主に病気が発症した状態
→宿主が病原体を追い出そうとしている状態

新興感染症

再興感染症

地域別の感染症

参考になるリンク

  • 厚生労働省検疫所 - 感染症別情報トップ
  • 厚生労働省検疫所 - 国別感染症情報トップ
http://www.forth.go.jp/tourist/worldinfo/index.html
  • Centers for Disease Control and Prevention
http://www.cdc.gov/


エス」

  [★]

id
Es
イド
リビドー


  • フリードリヒ・ニーチェが使用し、ゲオルグ・グロデック(Georg・Groddeck)の『エスとの対話』("Gesellschaft")などで使われた用語で、彼と交流があったジークムント・フロイトが採用した精神分析学用語ともなった。(なお、1953年にジェイムズ・ストレイチーによるフロイト翻訳全集の英訳の際、エスはイド(ラテン語)と訳されアメリカ系の精神分析学で流布された。)自我参照。(wikipedia jaより)

参考


感染」

  [★]

infection
定着感染症不顕性感染顕性感染サブクリニカル感染
  • 細菌が宿主の体表面、体内や組織内に付着して増殖し、定着している状態。
  • 感染の成立には微生物(定着能、増殖能、細胞内進入能、毒素産生能などを総合した病原性)と宿主(排除能、殺菌能などの生体防御機構)の力関係が崩れたときに生じる



症」

  [★]

sis, pathy
  • 検査や徴候に加えて症状が出ている状態




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡