ウイルス空気感染

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

-Dept of Pediatrics, Asahi General Hospital- 空気感染とは・・・ 何が? ・空気中を浮遊する飛沫核 (5μm以下の小さな粒子 肺胞まで達する) ・微生物を含む微粒子 どのように? ・空気中で気流にのり長時間浮遊する飛沫核 誰が?
インフルエンザ「感染経路」についてのページです。 ... インフルエンザの感染の多くは、飛沫感染によると考えられています。また、接触感染や空気感染による感染も成立すると考えられています。

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事ウイルス」「空気」「空気感染」「感染

ウイルス」

  [★]

virus
ウイルス粒子 virus particleビリオン virion
微生物学抗ウイルス薬国試に出がちなウイルス

ウイルス一覧

感染経路による分類 SMB.374

呼吸器粘膜の局所感染 ライノウイルス
アデノウイルス
コロナウイルス
RSウイルス
インフルエンザウイルス
全身感染 ムンプスウイルス
麻疹ウイルス
風疹ウイルス
ハンタウイルス
水痘・帯状疱疹ウイルス
ラッサウイルス
天然痘ウイルス

学名

目(order, -virales), 科(family, -viridae), 亜科(subfamily, -virinae), 属(genus, -virus), 種(species)

増殖過程

  • 吸着 absorption
  • 侵入 penetration
  • 脱殻 uncoating
  • ゲノムの複製 replication、遺伝子発現 transcription
  • ウイルス粒子の組み立て assembly
  • 放出 release

感染の分類

持続時間

  • 急性感染
  • 慢性感染

ゲノム

  • 一本鎖RNA(-)をゲノムとするウイルスはウイルス粒子内にRNA依存性RNA合成酵素を有する。





空気」

  [★]

airaero
大気 atmospheric air
気体エアロ
表1: 乾燥空気の成分
成分 化学式 体積比
[%]
重量比
[%]
窒素 N2 78.084 75.510
酸素 O2 20.946 23.010
アルゴン Ar 0.930 1.286
二酸化炭素 CO2 0.034 0.040



空気感染」

  [★]

aerosol transmission, air-borne infection
感染経路

定義

  • 何らかの経路で空気中に放出されたウイルスが宿主に吸引、吸着されることで感染が成立する様式

空気感染

  • 空気感染
1-2μm
結核ウイルス
  • ウイルス空気感染 aerosol transmission of virus



感染」

  [★]

infection
定着感染症不顕性感染顕性感染サブクリニカル感染
  • 細菌が宿主の体表面、体内や組織内に付着して増殖し、定着している状態。
  • 感染の成立には微生物(定着能、増殖能、細胞内進入能、毒素産生能などを総合した病原性)と宿主(排除能、殺菌能などの生体防御機構)の力関係が崩れたときに生じる






★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡