インターロイキン14

出典: meddic

interleukin-14IL-14
インターロイキン-14


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

機能が発揮されることが明らかになった因子をインターロイキン(IL)と命名すること が提唱されました。 {参考文献}医薬ジャーナル 1991.10 ...
13、インターロイキン-14、インターロイキン-15、カルジオトロフィン、毛様体 神経栄養因子、エリスロポエチン、成長ホルモン、顆粒球コロニー刺激因子、顆粒球マク ロファージ刺激因子、白血病阻止因子、オンコスタチンM ...

関連画像

(インターロイキン 起こされるインターロイキン インターロイキン10を産生する インターロイキン10を産生する ガンと免疫の話 | 免疫力向上 TRAF5はインターロイキン


★リンクテーブル★
リンク元インターロイキン-14」「IL-14」「interleukin-14
関連記事インターロイキン」「インター

インターロイキン-14」

  [★]

interleukin-14
インターロイキン14


IL-14」

  [★]

  • インターロイキン14
interleukin-14


interleukin-14」

  [★]

インターロイキン14

IL-14

インターロイキン」

  [★]

interleukin interleukins IL
サイトカイン


=知られているインターロイキン

IMM.799
  • IL-1:マクロファージ、上皮細胞が産生。視床下部に作用して発熱、T細胞やマクロファージを活性化させる。
  • IL-2:リンパ球(T細胞)が産生し、細胞性免疫(T細胞の増殖)にかかわる。
  • IL-3:活性化リンパ球などから産生される造血因子(骨髄系細胞の増殖因子)
  • IL-4:T細胞、肥満細胞により産生され、B細胞活性化、IgEスイッチ、Th2細胞への分化誘導などの機能を有する。
  • IL-5:好酸球の分化と活性化を誘導
  • IL-6:T細胞、マクロファージ、内皮細胞が産生。T細胞・B細胞の増殖と分化、急性期タンパク(CRPなど)の産生、発熱に関わる。
  • IL-7
  • IL-8
  • IL-9
  • IL-10
  • IL-11
  • IL-12
  • IL-13
  • IL-14
  • IL-15
  • IL-16
  • IL-17
  • IL-18
  • IL-19
  • IL-20
  • IL-21
  • IL-22
  • IL-23
  • IL-24
  • IL-25
  • IL-26
  • IL-27



インター」

  [★]

inter




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡