インターロイキン1β変換酵素

出典: meddic

interleukin-1beta converting enzymeIL-1 beta-converting enzyme
カスパーゼ1IL-1β変換酵素
interleukin-1β converting enzyme, IL-1β converting enzyme, ICE
IL-1β変換酵素


T細胞,B細胞などに作用して細胞増殖,炎症反応を誘起するサイトカインであるインターロイキン1β(IL-1β)の前駆体を切断して機能的成熟型に変換する酵素であり,システインプロテアーゼの一種。


インターロイキン-1βは血液凝固、免疫系、そして炎症反応において重要な役割を担っている。また近接細胞との間での傍分泌シグナルとして、血液中を運ばれると内分泌のホルモンのようなシグナルとしてもはたらく。インターロイキン-1βはマクロファージと単球から放出される。インターロイキン-1β変換酵素(interleukin-1β converting enzyme:ICE)はインターロイキン-1βを活性化する蛋白質である。ICEはシステインプロテアーゼであり、最近発見されたシステインプロテアーゼの新しいクラスに属する最初のタンパク質である。集合的にこれらの新しいシステインプロテアーゼはカスパーゼとして知られる。カスパーゼはアポトーシスあるいはプログラムされた細胞死に大きく関与している。アポトーシスやプログラムされた細胞死とは細胞が生化学的に系統立った経路を経て壊れることである。


http://eprots.pdbj.org/jp.cgi?PDB%3A1IBC

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

【発明の名称】 インターロイキン-1β変換酵素のインヒビター 【発明者】 【氏名】ガイ ダブリュー. ベミス 【氏名】ジョン ピー. ダフィー 【氏名】ウォルフ ヘルマン フリッドマン 【氏名】ジュリアン エム. シー.
(発明の背景) インターロイキン−1(「IL−1」)は、 線維芽細胞の 分化および増殖、滑 膜細胞および 軟骨細胞によるプロス
【発明の名称】 インターロイキン-1β変換酵素のインヒビター 【発明者】 【氏名】ガイ ダブリュー. ベミス 【氏名】ジュリアン エム. シー. ゴレック 【氏名】デイビット ジェイ. ローファー 【氏名】マイケル ディー.

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
リンク元IL-1 beta-converting enzyme」「IL-1β変換酵素」「interleukin-1beta converting enzyme」「カスパーゼ1
拡張検索FADD様インターロイキン1β変換酵素抑制タンパク質
関連記事インターロイキン」「酵素」「変換」「変換酵素

IL-1 beta-converting enzyme」

  [★]

caspase 1interleukin-1beta converting enzyme


IL-1β変換酵素」

  [★]

IL-1 beta-converting enzyme
インターロイキン1β変換酵素カスパーゼ1


interleukin-1beta converting enzyme」

  [★]

  • インターロイキン1β変換酵素
caspase 1IL-1 beta-converting enzyme

カスパーゼ1」

  [★]

caspase 1
インターロイキン1β変換酵素IL-1β変換酵素


FADD様インターロイキン1β変換酵素抑制タンパク質」

  [★]

FADD-like interleukin-1-beta-converting enzymeFLICE


インターロイキン」

  [★]

interleukin interleukins IL
サイトカイン


=知られているインターロイキン

IMM.799
  • IL-1:マクロファージ、上皮細胞が産生。視床下部に作用して発熱、T細胞やマクロファージを活性化させる。
  • IL-2:リンパ球(T細胞)が産生し、細胞性免疫(T細胞の増殖)にかかわる。
  • IL-3:活性化リンパ球などから産生される造血因子(骨髄系細胞の増殖因子)
  • IL-4:T細胞、肥満細胞により産生され、B細胞活性化、IgEスイッチ、Th2細胞への分化誘導などの機能を有する。
  • IL-5:好酸球の分化と活性化を誘導
  • IL-6:T細胞、マクロファージ、内皮細胞が産生。T細胞・B細胞の増殖と分化、急性期タンパク(CRPなど)の産生、発熱に関わる。
  • IL-7
  • IL-8
  • IL-9
  • IL-10
  • IL-11
  • IL-12
  • IL-13
  • IL-14
  • IL-15
  • IL-16
  • IL-17
  • IL-18
  • IL-19
  • IL-20
  • IL-21
  • IL-22
  • IL-23
  • IL-24
  • IL-25
  • IL-26
  • IL-27



酵素」

  [★]

enzyme, ferment
酵素反応

酵素の分類

  • (a)酸化還元酵素(oxydoreductase) EC1:ある物質を酸化したり、還元したりします。脱水素酵素、ペルオキシダーゼなどを含みます。
  • (b)転移酵素(transferase) EC2: アミノ基やリン酸基などをある物質から別の物質に転移する酵素です。アミノ基を転移する酵素はアミノトランスフェラーゼと呼ばれます。
  • (c)加水分解酵素(hydrolase) EC3:ある物質(基質)に水(H2OのうちHとOH)を加えることにより、2つに分解します。多くの蛋白分解酵素が含まれます。
  • (d)リアーゼ(lyase) EC4:ある物質を2つに分解します。
  • (e)イソメラーゼ(isomerase) EC5:ある基質を異性体に変換します。
  • (f)リガーゼ(ligase) EC6;ATPのエネルギーを使って2つの物質を結合します。





変換」

  [★]

conversiontransformationconverttransform
がん化癌化形質転換転換トランスフォームトランスフォーメーション変える転向者形質変換

変換酵素」

  [★]

converting enzyme





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡