インスリン遺伝子

出典: meddic



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 小児糖尿病の成因と病態に関する新たな知見 (ミニ特集 小児糖尿病の診断と治療Update)
  • MafAによる胸腺でのインスリン遺伝子発現調節と1型糖尿病
  • 能宗 伸輔,池上 博司
  • 内分泌・糖尿病・代謝内科 32(6), 612-619, 2011-06
  • NAID 40018939327
  • インスリン遺伝子異常 (特集 糖尿病と遺伝子)

関連リンク

ヒトインスリンの遺伝子を例にして、翻訳後の修飾を解説する。 ヒトインスリンの遺伝子 ... 次項にヒトインスリン遺伝子のすべての塩基配列とアミノ酸配列を示しました。 ヒト インスリン遺伝子は分断されており、3つのエキソンとふたつのイントロンからなってい ます。
先生によって Ananya Mandal、 MD ポリペプチドのホルモンのインシュリンは正常な ブドウ糖ホメオスタティスに必要となります。 インシュリンまたはインシュリンの不十分の 欠乏は人口母集団の 5% まで影響を与える糖尿病の原因となります。 遺伝子の位置 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。

添付文書

販売名


ノボリンR注 100単位/mL

組成

ヒトインスリン(遺伝子組換え):1バイアル(10mL)中

  • 1000単位

添加物:酸化亜鉛

  • 70μg注)
    注)亜鉛含量として
     原薬由来の亜鉛量と合わせた一製剤当たりの総亜鉛含量は、210μgである。

添加物:m-クレゾール

  • 30mg

添加物:濃グリセリン

  • 160mg

添加物:塩酸

  • 適量

添加物:水酸化ナトリウム

  • 適量

禁忌

  • 低血糖症状を呈している患者
  • 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者

効能または効果

  • インスリン療法が適応となる糖尿病
  • 通常、成人では、初期は1回4〜20単位を一般に毎食前に皮下注射するが、ときに回数をふやしたり、他のインスリン製剤を併用する。以後症状及び検査所見に応じて投与量を増減するが、維持量は通常1日4〜100単位である。
    但し、必要により上記用量を超えて使用することがある。
    糖尿病昏睡には、必要に応じ皮下、筋肉内、静脈内注射又は持続静脈内注入を行う。
  • 適用にあたっては本剤の作用時間、1mLあたりのインスリン含有単位と患者の病状に留意し、その製剤的特徴に適する場合に投与すること。
  • 糖尿病の診断が確立した患者に対してのみ適用を考慮すること。
    糖尿病以外にも耐糖能異常や尿糖陽性を呈する糖尿病類似の病態(腎性糖尿、甲状腺機能異常等)があることに留意すること。


慎重投与

  • インスリン需要の変動が激しい患者
  • 手術、外傷、感染症等の患者
  • 妊婦(「妊婦・産婦・授乳婦等への投与」の項参照)
  • 次に掲げる低血糖を起こしやすい患者又は状態
  • 重篤な肝又は腎機能障害
  • 下垂体機能不全又は副腎機能不全
  • 下痢、嘔吐等の胃腸障害
  • 飢餓状態、不規則な食事摂取
  • 激しい筋肉運動
  • 過度のアルコール摂取者
  • 高齢者(「高齢者への投与」の項参照)
  • 血糖降下作用を増強する薬剤との併用(「相互作用」の項参照)
  • 低血糖を起こすと事故につながるおそれがある患者(高所作業、自動車の運転等の作業に従事している患者等)

重大な副作用

低血糖

  • 低血糖(脱力感、倦怠感、高度の空腹感、冷汗、顔面蒼白、動悸、振戦、頭痛、めまい、嘔気、知覚異常、不安、興奮、神経過敏、集中力低下、精神障害、痙攣、意識障害(意識混濁、昏睡)等)があらわれることがある。
    なお、徐々に進行する低血糖では、精神障害、意識障害等が主である場合があるので注意すること。また、長期にわたる糖尿病、糖尿病性神経障害、β-遮断剤投与あるいは強化インスリン療法が行われている場合では、低血糖の初期の自覚症状(冷汗、振戦等)が通常と異なる場合や、自覚症状があらわれないまま、低血糖あるいは低血糖性昏睡に陥ることがある。
    低血糖症状が認められた場合には通常はショ糖を経口摂取し、α-グルコシダーゼ阻害剤との併用により低血糖症状が認められた場合にはブドウ糖を経口摂取すること。
    経口摂取が不可能な場合はブドウ糖を静脈内に投与するか、グルカゴンを筋肉内又は静脈内投与すること。
    低血糖は臨床的にいったん回復したと思われる場合にも後で再発することがあるので、経過観察を継続して行うことが必要である。

アナフィラキシーショック

0.1%未満

  • アナフィラキシーショック(呼吸困難、血圧低下、頻脈、発汗、全身の発疹等)があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。

血管神経性浮腫

頻度不明

  • 血管神経性浮腫があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。

薬効薬理

  • インスリンは標的臓器のインスリンレセプターに結合し、次のような種々の作用をあらわす。それらの結果、血糖降下作用があらわれる。
  • 筋肉・脂肪組織における糖の取込み促進
  • 肝臓における糖新生の抑制
  • 肝臓・筋肉におけるグリコーゲン合成の促進
  • 肝臓における解糖系の促進
  • 脂肪組織における脂肪合成促進


有効成分に関する理化学的知見

一般名

  • ヒトインスリン(遺伝子組換え) [命名法:JAN]
    Insulin Human(genetical recombination) [命名法:JAN]

分子式

  • C257H383N65O77S6

分子量

  • 5807.57

性状

  • 白色の結晶性の粉末で、においはない。水、エタノール(95)又はジエチルエーテルにほとんど溶けないが、0.1mol/L塩酸試液又は希水酸化ナトリウム試液に溶ける。
    吸湿性である。


★リンクテーブル★
関連記事インスリン」「リン」「遺伝」「遺伝子」「

インスリン」

  [★]

insulin (Z)
immunoreactive insulin IRI ← ELISAを利用して定量されるインスリン(臨床検査医学)
インスリン製剤インスリン受容体
レギュラーインスリン1型インスリン

分類

  • ペプチド

性状

産生組織

プレプロインスリンの生合成@粗面小胞体 → プレプロインスリン -(切断@小胞体)→ プロインスリンはゴルジ体に輸送 -(切断@ゴルジ体小胞体)→ インスリン

標的組織

作用

  • 全般的な傾向として、同化作用↑、異化作用↓(糖新生↓)
  • インスリン受容体→ GLUTの細胞膜上への移動
  • K+の細胞内取り込み↑
  • 肝細胞でグリコーゲン合成↑
  • アミノ酸取り込み↑→タンパク質合成↑
  • 脂肪合成↑
  • 脂肪分解↓

分泌の調節

  • インスリン分泌↑
  • 細胞外K濃度↑→膵臓β細胞脱分極→インスリン分泌↑
  • インスリン分泌↓
  • 細胞外K濃度↓→膵臓β細胞再分極→インスリン分泌↓

分泌機構

  • 1. グルコース→解糖系→ATP↑→KATP閉鎖→脱分極→VDCC解放→[Ca2+]i↑→インスリン開口分泌*2a. ペプチドホルモン→Gsα活性化→AC↑→cAMP↑→PKA↑→インスリン開口分泌
  • 2b. ノルアドレナリン→Giα活性化→AC↓→cAMP↓→PKA↓→インスリン分泌抑制
  • 3. アセチルコリン→PLC活性化→

   →IP3↑→[Ca2+]i↑→インスリン開口分泌
   →DAG↑→PKC活性化→インスリン開口分泌

作用機序

  • 受容体型チロシンキナーゼ

臨床関連

インスリン作用不足による代謝障害
血漿中:ブドウ糖↑、アミノ酸↑、遊離脂肪酸↑、ケトン体
  • 高血圧とインスリン抵抗性の関連
インスリン抵抗性



リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3





遺伝」

  [★]

heredity, inheritance
氏か育ちか
遺伝子遺伝性疾患遺伝形式
  • 親のもつ遺伝情報が遺伝子によって子孫に伝達され、その作用によって形質が発現すること。


遺伝子」

  [★]

gene
遺伝因子 genetic factor
ゲノム genome
  • 生物の遺伝情報を担う主要因子
  • 全ての生物の情報は、DNAからなる塩基配列にコードされている



子」

  [★]

child
子供雑種小児小児用




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡