インスリン様成長因子II

出典: meddic

insulin-like growth factor II, IGF-II
インスリン様成長因子2インスリン様増殖因子IIインスリン様増殖因子2
インスリン様成長因子


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 低血糖発作を呈する高分子IGF-II産生胸腔内Solitary fibrous tumorの一例
  • 日野 直樹,露口 勝,中川 靖士
  • 日本呼吸器外科学会雑誌 21(5), 691-695, 2007-07-15
  • 巨大な胸腔内低悪性限局性線維性腫瘍(Solitary fibrous tumor (Low-grade malignancy):SFT)の経過観察中に低血糖発作を発症し手術で改善した一例を経験したので報告する.症例は82才の女性.2003年2月に右胸腔内に10cm大の充実性腫瘤を認め,針生検にてSFTと診断した.患者の希望にて経過を診ていたが,同年6月に低血糖発作が出現した.血中と尿中のC-pep …
  • NAID 110006367114
  • インスリン様成長因子IIは臍帯血赤血球系前駆細胞の自己分泌成長因子として細胞生存、増殖、成熟へ関与する
  • 長友 太郎,牟田 耕一郎,大賀 正一,曳野 俊治,落合 正行,原 寿郎
  • 日本産婦人科・新生児血液学会誌 = The Japanese journal of obstetrical, gynecological & neonatal hematology 15(1), 19, 2005-06-01
  • NAID 10019221196

関連リンク

IGF-2(インスリン様成長因子-2)(インシュリン様成長因子)(Insulin-like growth factors2)(Immediate Growth Factor 2)の個人輸入はお任せください。 ... <使用方法> ・1日2回朝一番と就寝時の空腹時にお摂りください。 * 体重により ...
インスリン様成長因子II(IGF-II)の病態生理的意義に関する研究 Study for pathophysiological significance of insulin-like growth factor II ... 研究期間 1998年度~2000年度 研究分野 内分泌学 審査区分 一般 研究種目 基盤研究(C) 研究機関

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
先読みインスリン様増殖因子II
リンク元IGF-II」「insulin-like growth factor II」「インスリン様増殖因子2」「インスリン様成長因子2
拡張検索インスリン様成長因子II型受容体
関連記事インスリン」「成長」「リン」「成長因子」「I

インスリン様増殖因子II」

  [★] インスリン様成長因子II

-IGF-II


IGF-II」

  [★]

IGF-2insulin-like growth factor II


insulin-like growth factor II」

  [★]

IGF-2IGF-II

インスリン様増殖因子2」

  [★] インスリン様成長因子II


インスリン様成長因子2」

  [★] インスリン様成長因子II


インスリン様成長因子II型受容体」

  [★]

insulin-like growth factor type II receptor
IGF-II受容体 IGF-II receptor
インスリン様成長因子


インスリン」

  [★]

insulin (Z)
immunoreactive insulin IRI ← ELISAを利用して定量されるインスリン(臨床検査医学)
インスリン製剤インスリン受容体
レギュラーインスリン1型インスリン

分類

  • ペプチド

性状

産生組織

プレプロインスリンの生合成@粗面小胞体 → プレプロインスリン -(切断@小胞体)→ プロインスリンはゴルジ体に輸送 -(切断@ゴルジ体小胞体)→ インスリン

標的組織

作用

  • 全般的な傾向として、同化作用↑、異化作用↓(糖新生↓)
  • インスリン受容体→ GLUTの細胞膜上への移動
  • K+の細胞内取り込み↑
  • 肝細胞でグリコーゲン合成↑
  • アミノ酸取り込み↑→タンパク質合成↑
  • 脂肪合成↑
  • 脂肪分解↓

分泌の調節

  • インスリン分泌↑
  • 細胞外K濃度↑→膵臓β細胞脱分極→インスリン分泌↑
  • インスリン分泌↓
  • 細胞外K濃度↓→膵臓β細胞再分極→インスリン分泌↓

分泌機構

  • 1. グルコース→解糖系→ATP↑→KATP閉鎖→脱分極→VDCC解放→[Ca2+]i↑→インスリン開口分泌*2a. ペプチドホルモン→Gsα活性化→AC↑→cAMP↑→PKA↑→インスリン開口分泌
  • 2b. ノルアドレナリン→Giα活性化→AC↓→cAMP↓→PKA↓→インスリン分泌抑制
  • 3. アセチルコリン→PLC活性化→

   →IP3↑→[Ca2+]i↑→インスリン開口分泌
   →DAG↑→PKC活性化→インスリン開口分泌

作用機序

  • 受容体型チロシンキナーゼ

臨床関連

インスリン作用不足による代謝障害
血漿中:ブドウ糖↑、アミノ酸↑、遊離脂肪酸↑、ケトン体
  • 高血圧とインスリン抵抗性の関連
インスリン抵抗性



成長」

  [★]

growthoutgrowthgrowoutgrowdevelopment
発育伸長増殖伸びる発達生育
二次性徴

身長体重頭囲胸囲

  身長(cm) 体重(kg) 頭囲(cm) 胸囲(cm)
生下時 50   3 (x2) 33 32
3ヶ月 60   6      
6ヶ月 70   8      
1歳 75 (x1.5) 9 (x3) 45 45
2歳       (x4)    
3歳 94   14   49 50
4歳   (x2)   (x5)    
5歳       (x6)    

ホルモン

検査値

  • 抗体価
  • 1歳でIgMは成人と同程度
  • MAGE → IgM, IgA, IgG, IgEの順に成人値と同じレベルとなる。



リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3





成長因子」

  [★]

成長因子 growth factor
成長促進因子 growth-promoting substance、発育因子増殖因子
[show details]


血管新生

angiogenic factor

angiostasis



I」

  [★]

WordNet   license wordnet

「the 9th letter of the Roman alphabet」
i

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「『私は』私が」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「iodineの化学記号」




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡