インスリン持続皮下注入療法

出典: meddic


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • インスリングルリジンによるインスリン持続皮下注入療法を導入した1型糖尿病患者への薬剤師の介入
  • 浅井 佑太,小岩 正二,工藤 陽一 [他]
  • 交通医学 65(5・6), 121-127, 2011-11
  • NAID 40019318600
  • インスリンリスプロによるインスリン持続皮下注入療法の有用性 : デテミルによるインスリン頻回注射療法との比較(一般演題(口頭)31,糖尿病(2),Enjoy Pharmacists' Lifestyles)
  • 早川 太朗,中山 英夫,石井 通予,神内 謙至,磯野 元秀,西村 亜佐子,芝田 信人
  • 日本医療薬学会年会講演要旨集 21, 166, 2011-09-09
  • NAID 110008909402
  • 日本人1型糖尿病患者121名におけるインスリン持続皮下注入療法(CSII)の有用性の検討
  • 広瀬 正和,川村 智行,橋本 友美 [他],東出 崇,木村 佳代,稲田 浩,青野 繁雄,新平 鎮博,山野 恒一
  • 糖尿病 52(9), 767-775, 2009-09-30
  • NAID 10025606754

関連リンク

大阪府寝屋川市の総合病院「小松病院」のホームページです ... I型糖尿病と診断された方でインスリン注射を1日4回皮下注射しても血糖値を安定させるのが難しい方に対して、インスリンポンプという機器を用いインスリンを ...
CSIIとは携帯型のインスリン注入器(インスリンポンプ)を使用し、速効型インス リンを持続的に皮下に注入する方法です。 1型糖尿病は、体内でインスリンの分泌が行われなくなるので、血糖測定をしな

関連画像

インスリンポンプ療法の効果と 診療点数の引き上げ 持続皮下インスリン注入療法インスリングラルギンインスリン療法が相対的適応に 療法(持続皮下インスリン注入


★リンクテーブル★
関連記事インスリン」「リン」「注入」「持続」「

インスリン」

  [★]

insulin (Z)
immunoreactive insulin IRI ← ELISAを利用して定量されるインスリン(臨床検査医学)
インスリン製剤インスリン受容体
レギュラーインスリン1型インスリン

分類

  • ペプチド

性状

産生組織

プレプロインスリンの生合成@粗面小胞体 → プレプロインスリン -(切断@小胞体)→ プロインスリンはゴルジ体に輸送 -(切断@ゴルジ体小胞体)→ インスリン

標的組織

作用

  • 全般的な傾向として、同化作用↑、異化作用↓(糖新生↓)
  • インスリン受容体→ GLUTの細胞膜上への移動
  • K+の細胞内取り込み↑
  • 肝細胞でグリコーゲン合成↑
  • アミノ酸取り込み↑→タンパク質合成↑
  • 脂肪合成↑
  • 脂肪分解↓

分泌の調節

  • インスリン分泌↑
  • 細胞外K濃度↑→膵臓β細胞脱分極→インスリン分泌↑
  • インスリン分泌↓
  • 細胞外K濃度↓→膵臓β細胞再分極→インスリン分泌↓

分泌機構

  • 1. グルコース→解糖系→ATP↑→KATP閉鎖→脱分極→VDCC解放→[Ca2+]i↑→インスリン開口分泌*2a. ペプチドホルモン→Gsα活性化→AC↑→cAMP↑→PKA↑→インスリン開口分泌
  • 2b. ノルアドレナリン→Giα活性化→AC↓→cAMP↓→PKA↓→インスリン分泌抑制
  • 3. アセチルコリン→PLC活性化→

   →IP3↑→[Ca2+]i↑→インスリン開口分泌
   →DAG↑→PKC活性化→インスリン開口分泌

作用機序

  • 受容体型チロシンキナーゼ

臨床関連

インスリン作用不足による代謝障害
血漿中:ブドウ糖↑、アミノ酸↑、遊離脂肪酸↑、ケトン体
  • 高血圧とインスリン抵抗性の関連
インスリン抵抗性



リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3






注入」

  [★]

infusioninjectiontransfusioninfuseinjecttransfuseinstill
インジェクションインフュージョン温浸充血注ぐ注射注入液滴下点滴輸液輸血滴下注入注射剤注射薬点滴薬輸液剤インジェクト


持続」

  [★]

persistencedurationcontinuitypersistlastsustain
維持期間継続最後持続時間連続性わたる残留性開存遺残持続期間


法」

  [★]

methodlaw
測定法測定方法訴訟方法法律学手法方式法律




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡