アーガイル・ロバートソン

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 神経梅毒におけるア-ガイル・ロバ-トソン瞳孔およびその他の瞳孔異常--末梢障害の検索を中心として
  • アーガイル・ロバートソン瞳孔百年

関連リンク

アーガイル・ロバートソン瞳孔 アーガイル・ロバートソンどうこう Argyll Robertson's pupil 反射性瞳孔強直 pupillary rigidityともいう。瞳孔の反応のうち,対光反応は消失するが,輻輳反応および閉瞼反応は存在する状態。脊髄癆および ...
各論III-4「視機能異常・視神経疾患」動眼神経麻痺ではArgyll Robertson瞳孔がみられる。(答え)×(解説) アーガイル ロバートソン瞳孔とは、Argyll Robertsonによって神経梅毒に特異な瞳孔所見として1869年に発表された(過去においては ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
拡張検索アーガイル・ロバートソン瞳孔
関連記事ロバ

アーガイル・ロバートソン瞳孔」

  [★]

Argyll-Robertson pupil, Argyll Robertson pupil
アーガイルロバートソン瞳孔 Argyll-Robertson瞳孔反射性瞳孔強直 ridigitas pupillae reflectoria、アーガイル・ロバートソン徴候 Argyll-Robertson徴候
梅毒神経梅毒瞳孔。対光近見反射解離


対光反射 ×  、  輻輳反射 ○  、  縮瞳

概念

  • 神経梅毒による瞳孔調節異常として報告された。以下のような眼徴候を呈する。

眼徴候

病因

  • 中脳を障害するような疾患 (BET.206)。中脳視蓋前域から動眼神経自律神経核の末梢までの障害(医学事典)。

近見反射対光反射の経路の異差

対光反射

  • 網膜 → 視神経 → 視交叉 → 視索 → 上丘腕 → 視索前域 → E-W核 → 動眼神経 → 毛様体神経節 →

近見反射

  • 後頭葉視覚中枢 → 前頭葉眼領域 → 内包 → 脳脚 → 中脳 → E-W核 → 動眼神経 → 毛様体神経節 →



ロバ」

  [★]

donkey
ウマシマウマウマ科ラバ




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡