アンドロゲン産生腫瘍

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • P2-276 アンドロゲン産生腫瘍の局在診断に選択的静脈ホルモンサンプリングが有用であった1例(Group139 生殖生理病理13,一般演題,第59回日本産科婦人科学会学術講演会)
  • 西山 幸江,小石 プライヤ奏子,西尾 永司,塚田 和彦,廣田 穣,宇田川 康博
  • 日本産科婦人科學會雜誌 59(2), 655, 2007-02-01
  • NAID 110006804105
  • アンドロゲン産生腫瘍の局在診断に選択的静脈血ホルモンサンプリングが有用であった不妊患者の1例
  • 西山 幸江,廣田 穣,宇田川 康博,早川 伸樹,加藤 庸一,関谷 隆夫,塚田 和彦,西尾 永司,安江 朗,小石 プライヤ奏子
  • 日本産科婦人科内視鏡学会雑誌 23(1), 157-160, 2007
  • … 女性の男性化徴候で頻度の高い疾患は多嚢胞性卵巣症候群であるが、稀にアンドロゲン産生腫瘍が原因のことがある。 … アンドロゲン産生腫瘍は主に副腎由来又は卵巣由来であるが、後者の場合その頻度は全卵巣腫瘍中0.1%未満といわれている1) 。 …
  • NAID 130001012720

関連リンク

表層上皮性・間質性腫瘍 定義 顆粒膜細胞や莢膜細胞などの性索間質に由来するもので全卵巣腫瘍の6%程度を占めている。 病態 ① エストロゲン産生性腫瘍 ⇒莢膜細胞腫(良性)・顆粒膜細胞腫(境界悪性)はエストロゲンを産生 ...
副腎性男性化症は,過剰な副腎アンドロゲンが男性化を引き起こす症候群である。診断は臨床的に行い,デキサメタゾンの抑制を伴う,または伴わないアンドロゲン濃度の上昇によって確定される;基礎にある原因を明らかにするため ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
リンク元思春期早発症
関連記事腫瘍」「アンドロゲン」「産生

思春期早発症」

  [★]

precocious puberty
性早熟症 precocious maturity sexual precocity早発思春期 premature puberty
思春期

分類

病因

  • 真性思春期早発症:視床下部-下垂体系の異常(GnRH/FSH・LHの分泌増加) ← ゴナドトロピン依存性
  • 仮性思春期早発症:性ホルモン分泌亢進(卵巣腫瘍、副腎腫瘍など) ← ゴナドトロピン非依存性

病因

NGY.170
  • 耐湿性早発思春期
  • 視床下部腫瘍
  • Langerhans-cell type histiocytosis
  • 放射線照射による影響
  • 外傷
  • 感染
  • ゴナドトロピン産生腫瘍
  • 絨毛癌
  • 奇形癌
  • 胚芽腫
  • LH産生腫瘍(下垂体腺腫)
  • アンドロゲン産生腫瘍
  • 男性胚細胞腫
  • 奇形種
  • 副腎腫瘍
  • 腺腫
  • そのた




腫瘍」

  [★]

tumor
新生物 neoplasm new growth NG


分類(EPT.65)

悪性度

細胞と間質の割合

発生学的由来

  • 上皮性腫瘍
  • 外胚葉性、中胚葉性、内胚葉性
  • 非上皮性腫瘍
  • 間質由来(中胚葉性)

組織学的分類

上皮性腫瘍

良性腫瘍
悪性腫瘍

非上皮性腫瘍

良性腫瘍
悪性腫瘍

臓器別分類

外陰部(女性)

子宮

卵巣

  • 表層上皮性・間質性腫瘍 Surface epithelial-stromal tumors
  • 性索間質性腫瘍 Sex cord/stromal tumors
  • 胚細胞腫瘍 Germ cell tumors

腫瘍と関連する疾患 first aid step1 2006 p.294

アンドロゲン」

  [★]

androgen
男性ホルモン male sex hormone
精巣性アンドロゲン

概念

アンドロゲン

  • アンドロゲンは肝臓で不活化されるため、経口投与ではほとんど効果がない。

(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%AD%E3%82%B2%E3%83%B3)

種類

分類

性状

  • ステロイド

産生組織

  • 卵胞内の卵胞上皮細胞で芳香環化されてエストロゲンに変換される。

標的組織

受容体

作用

  • アンドロゲンとは雄の副生殖器の発育および機能を促進し、二次性徴を発現させる作用をもつ物質の総称であり、数種類のホルモンからなる。

分泌の調整

分子機構

生合成

臨床関連



産生」

  [★]

production, generation, produce, make, generate, yield, elaborate, [raise]]




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡