アロステリック部位

出典: meddic


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 昆虫ニコチン性アセチルコリン受容体/イオンチャンネル複合体の薬理的性質とこれらに対するニコチノイドおよびネオニコチノイドの作用の相違
  • 冨澤 元博,大塚 博子,宮本 徹,ELDEFRAWI Mohyee E.,山本 出
  • 日本農薬学会誌 20(1), 57-64, 1995-02-20
  • … ンチャンネル複合体の薬理的性質はシビレエイのそれと大きく異なることを認めた.すなわち昆虫では供試したコリン作動性アゴニストは[^3H]PCP結合を増加させず, また脊椎動物でイオンチャンネル内のアロステリック部位にのみ結合するPCPが[^3H]α-BGT結合をも阻害した.[^3H]α-BGT結合の飽和実験の結果は, ニコチン, PCPがα-BGTと同様アセチルコリン(ACh)認識部位に結合することを示したが, さらにニコチンは[^3H]α-BGT結合のみ …
  • NAID 110001712791
  • シビレエイ電気器官のニコチン性アセチルコリン受容体/イオンチャンネル複合体に対するイミダクロプリドおよびその関連化合物の薬理的作用
  • 冨澤 元博,大塚 博子,宮本 徹,山本 出
  • 日本農薬学会誌 20(1), 49-56, 1995-02-20
  • … ーブである[^3H]α-ブンガロトキシンおよびイオンチャンネル内のアロステリック部位のプローブである[^3H]フェンサイクリジンを用いたラジオレセプターアッセイにより検討した.ニコチン, アナバシン, カルバコールおよびシチシンはアゴニストであり, DMPP, コニイン, ネライストキシン, d-ツボクラリンはACh認識部位とアロステリック部位の双方に作用し, フェンサイクリジン, TCP, クロルプロマジン, …
  • NAID 110001712790

関連リンク

基質の結合部位 とは異なる部位に リガンド が結合することによってその活性が変化する酵素 ... 添付ファイル: アロステリック酵素2.jpg 321 件 [詳細] アロステリック酵素.jpg 262件 [詳細] Last-modified: 2012-03-22 (木) 17:43:55 (1024d) ...
アロステリック制御 [編集] アロステリック効果により酵素やタンパク質の機能が制御される現象をアロステリック制御と呼ぶ。酵素の活性中心以外の部分(アロステリック部位)に対してエフェクター分子(反応に関係する物質でも ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事部位」「アロステリック」「アロ

部位」

  [★]

sitelocuslocilocation
位置遺伝子座サイト座位場所

アロステリック」

  [★]

allostericallosterically
分子変容


アロ」

  [★]

allo
非自己




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡