アルミニウム肺

出典: meddic


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • その周辺:アルミニウム肺 (特集 超硬合金肺とその周辺)
  • 両側気胸を繰り返す上葉優位の肺線維化病変を呈したアルミニウム加工業者の1例
  • 犬塚 賀奈子,安井 正英,早稲田 優子,高戸 葉月,市川 由加里,藤村 政樹
  • 日本呼吸器学会雑誌 = The journal of the Japanese Respiratory Society 48(7), 492-496, 2010-07-10
  • A 39-year-old man, who had been working in an aluminum processing industry for 18 years, visited our hospital for right chest pain on March 2, 2007. A relapse of right pneumothorax was found, and he w …
  • NAID 10026599107
  • アルミニウム肺に顕微鏡的多発動脈炎による間質性肺炎の合併が疑われた1例
  • 清家 正博,榎本 達治,逸見 しのぶ,植松 顆嗣,吾妻 安良太,吉村 明修,高崎 雄司,持丸 博,福田 悠,工藤 翔二
  • 日本呼吸器学会雑誌 = The journal of the Japanese Respiratory Society 38(5), 408-412, 2000-05-10
  • NAID 10005610313

関連リンク

アルミ肺: アルミニウム粉塵の吸入が原因。進行が早く、数年間程度で呼吸困難、衰弱 などの症状が現れる。 ボーキサイト肺: アルミニウムの原料であるボーキサイトの粉塵の 吸入が原因。進行が極めて早く、2~4年で死亡にいたる。 酸化鉄肺(鉄肺): 酸化鉄の ...
2010年8月10日 ... 肺組織は胸膜直下の肺実質の虚脱と線維化があり,リンパ球の濾胞状の集簇を認めた .また,元素分析より鉄,珪素及びアルミニウムが高度に検出され,アルミニウム肺と 診断した.アルミニウム沈着が原因と考えられた上葉優位の線維化 ...

関連画像

Bauxiet - Wikipedia図:気管内投与条件から生じる No.6 『 粉じん被害にあった肺 日本におけるじん肺対策の経過 また,じん肺の原因となる 日本におけるじん肺対策の経過


★リンクテーブル★
関連記事」「アルミニウム

肺」

  [★]

lung
肺区域肺野呼吸器の上皮の移行
  • 図:M.78 N.204(肺のリンパ系),197(肺区域)

解剖

  • 重量:右:500g, 左:400g
  • 葉:右3葉、左2葉
右上葉、右中葉、右下葉、左上葉、左下葉

発生

L.247
  • 肺の上皮、喉頭、気管、および気管支の内面を覆う上皮 → 内胚葉
  • 気管および肺の軟骨性要素と筋要素、結合組織 → 中胚葉(臓側中胚葉)
NGY.283
  • 妊娠16週頃:気管、気管支が分岐し腺状構造をなす(腺状期)
  • 妊娠16-24週頃:管状構造を形成し、毛細血管が上皮に接触する。(管状期)
  • 以降、肺胞上皮が二種類に分化し、肺胞が形成される。  肺表面活性物質
  • 妊娠28週頃:毛細血管が肺胞腔に露出

機能

  • 呼吸

肺の構造

SSUR.323
区分 気管支腺 軟骨 平滑筋 弾力線維
気管 2+ 3+ 2+ 4+
葉気管支 2+ 3+ 3+ 3+
区域-小気管支 2+ 2+ 3+ 3+
肺小葉 細-終末気管支 3+ 3+
肺胞道 呼吸細気管支
肺細葉
肺胞/肺胞嚢 2+

臨床関連

  • 肺の打診 (M.72)

胸部X線解剖

  • 右第1弓:上大静脈
  • 右第2弓:右心房
  • 左第1弓:大動脈弓
  • 左第2弓:肺動脈幹
  • 左第3弓:左心房(左心耳)
  • 左第4弓:左心室




シルエットサイン

  • 右第2弓:(陽性)[上葉]内側中葉区(S5)、[下葉]内側肺底区(S7)、(陰性)[下葉]上-下葉区(S6)???、後肺底区(S10)????  → 陰性だったら背面の区域、つまりS6,S10と考えて良いのではないだろうか?
  • 左第4弓:(陽性)[上葉]上舌区(S4)、下舌区(S5)、[下葉]前内側肺底区(S7+8)、(陰性)[下葉]上-下葉区(S6)???、後肺底区(S10)??? → 同様にS6,S10と考えて良いのでは?

肺のリンパ節

肺区域

  • 左肺は心臓があるために、右とは異なる形状・肺区域を有する。
  • S1とS2はまとめてS1+2と呼ばれる
  • S7とS8はまとめてS7+8あるいはS8と呼ばれる ← 心臓が左胸腔に全内側に突出しているからと考える
  • 背側にある区域は2・6・10と覚えよ

臨床関連

  • 分葉異常:奇静脈の走行異常による右上葉の奇静脈葉が最も多い(QB.I-295)






アルミニウム」

  [★]

aluminumaluminiumAl
水酸化塩化アルミニウム

臨床関連




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡