アルコール性膵炎

出典: meddic

alcoholic pancreatitis


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • Liver, Pancreas, and Biliary Tract 慢性膵炎患者の疫学調査におけるリスク因子としてのアルコールと喫煙
  • 田中 雅夫,Cote Gregory A.,Yadav Dhiraj [他]
  • Review of gastroenterology & clinical gastroenterology and hepatology 6(2), 61-64, 2011-08
  • NAID 40018948603
  • 慢性アルコール性膵炎に続発した非外傷性脾破裂の1例
  • 宮澤 恒持,臼田 昌広,鈴木 洋,望月 泉,佐熊 勉
  • 日本臨床外科学会雑誌 = The journal of the Japan Surgical Association 71(4), 1039-1042, 2010-04-25
  • NAID 10026342733

関連リンク

急性膵炎は比較的若い30~40代から発症が見られますが、慢性膵炎は主に50~60代 に発症が多く見られます。 男性はアルコール性膵炎の割合が最も高く、また女性は特発 性膵炎の割合が、男性に比べて高くなっています。 しかし急性膵炎・慢性膵炎とも、お ...

関連画像

第5土曜特集 活性酸素――基礎 急性膵炎に関連する消化器NOWの アルコール性膵炎 胆道原生 湧永製薬株式会社-わくわく  情報センター | 重症急性膵炎急性膵炎は何らかの原因により


★リンクテーブル★
関連記事アルコール」「」「膵炎

アルコール」

  [★]

alcohol
エタノール



アルコールによる酩酊の分類

  • 酩酊
  • もうろう型、てんかん型
  • せんもう型

アルコールの急性症状 (血中アルコール濃度)

  • 0.5 mg/ml 以上で酒気帯び → 道路交通法(0.5 mg/ml以上で運転能力の低下、1.5 mg/ml以下では著しい低下。1.5-2.0 mg/mlがもっとも危険。これ以上では運転できない)
  • 血中アルコール濃度と酩酊の状態
  • 0.0-0.5 mg/ml::殆ど無症状か、わずかな熱覚、味覚や嗅覚の低下
  • 0.5-1.0 mg/ml:弱度酩酊:顔面紅潮、抑制からの解放、陽気、多幸感、不安や緊張の緩和、反応時間の延長など
  • 1.0-1.5 mg/ml:軽度酩酊:多弁、大胆、感覚の軽度麻痺、気分爽快、多弁など
  • 1.5-2.5 mg/ml:中程度酩酊:眠気に襲われる、言語不明瞭、平衡感覚が鈍麻し、千鳥足になる、理解・判断力鈍麻など
  • 2.5-3.5 mg/ml:強度酩酊:歩行困難、顔面蒼白、悪心、嘔吐、感覚麻痺、精神運動性興奮、言語不明瞭、諸反射の消失など
  • 3.5-4.5 mg/ml:重度酩酊、泥酔:意識消失、筋力消失、呼吸困難、体温低下、昏睡状態
  • 4.5- mg/ml:呼吸麻痺、心機能不全などで死亡する。

アルコールの慢性症状

アルコール中毒の患者において、脳神経でchromatosisが見られるが、ニューロンの脱落は末期まで見られない。小脳では虫部のニューロンが優先的に脱落する。大脳辺縁系の乳頭体に強い病変が見られる → ウェルニッケ・コルサコフ症候群と関連

アルコールによる非精神症状

  • 粘膜障害:腸壁障害により下痢

アルコールによる疾患

  • 身体疾患:アルコール性肝疾患(脂肪肝)、膵炎(急性膵炎、慢性膵炎)、大腿骨頭壊死症、末梢神経障害
  • 精神疾患:急性アルコール中毒、慢性アルコール中毒、アルコール依存症、アルコール精神病
(国試)100B077095B075

アルコールの摂取と疾患

アルコールの胎児への影響

SUB.260

アルコールの摂取量

アルコールの単位

  • アルコール摂取量の基準とされるお酒の1単位とは、純アルコールに換算して20g。


炎」

  [★]

  • n.
  • comb form.
  • (炎症の接尾辞)itis
炎光炎症


膵炎」

  [★]

pancreatitis
急性膵炎慢性膵炎





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡