アミノピリン

出典: meddic

aminopyrine
aminopyrinum
ピラミドン pyramidone、アミドピリン amidopyrine、アミノフェナゾン aminophenazone
アミノフェナゾン


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/09/19 13:55:17」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 暑熱ストレスによる実験動物の生化学的ならびに組織学的変化
  • 浅沼 信治,佐藤 勝紀,安藤 満,川原 一祐
  • 岡山実験動物研究会報 25, 42-49, 2009-03
  • … 高齢・老齢ラットにおける肝細胞の小胞体は暑熱ストレスにより変形していたため、ミクロゾームの電子伝達系酵素のアミノピリン脱メチル化酵素やTMPDペルオキシダーゼ活性について検討した。 …
  • NAID 120003072056
  • ネコの脊髄・延髄・脊髄反射活動電位におよぼす各種中枢興奪薬の効果
  • 原 幸男,中谷 晴昭,Ally Ahmmed [他],近藤 洪志
  • The journal of veterinary medical science 59(10), 911-915, 1997-10-25
  • アミノピリンは単および多シナプス反射活動電位を増大するとともに後根反射活動電位を抑制した. …
  • NAID 110003915267
  • ヒト肝P450及び副腎P450c17によるアミノピリン脱メチル化活性
  • 丹羽 俊朗,薮崎 義康,石橋 文秀,片桐 昌直
  • 薬物動態 = Xenobiotic metabolism and disposition 12, 254-254, 1997-10-09
  • NAID 10007531786

関連リンク

アミノピリン(英: aminopyrine)とは鎮痛、抗炎症、解熱作用を有するピラゾロンであるが 、無顆粒球症を引き起こす危険性があり、また発癌性が指摘されたことから経口薬 としては使用されなくなった。13Cで標識されたアミノピリンを用いた呼気検査は肝機能 試験 ...
世界大百科事典 第2版 アミノピリンの用語解説 - 化学構造の上から同じ系統に属する アンチピリンとともに比較的つよい解熱鎮痛作用をもつ薬剤。ピラゾロン誘導体, いわゆる〈ピリン系〉の薬剤で,19世紀の終りころからわりあいに近ごろまで広く使用され てきた ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
先読みaminopyrine」「aminophenazone
リンク元ピリン系解熱鎮痛薬」「アミノフェナゾン
拡張検索アミノピリン-N-デメチラーゼ」「アミノピリン-N-脱メチル化酵素
関連記事リン

aminopyrine」

  [★]


WordNet   license wordnet

「a white crystalline substance used as an analgesic and antipyretic」
amidopyrine


aminophenazone」

  [★]

アミノフェナゾン

aminopyrine


ピリン系解熱鎮痛薬」

  [★]

pyrazolone derivative analgesic-antipyretic
ピリン系化合物ピリンショック、ピリン過敏症、ピリン疹


ピリン系解熱鎮痛薬

ピリン系解熱鎮痛薬の位置づけ

非NSAIDs 酸性 ピラゾロン系(ピリン系 スルピリン sulpyrine
アニリン(非ピリン系) アセトアミノフェン acetaminophen
パラセタモール paracetamol


アミノフェナゾン」

  [★]

aminophenazone
アミノピリン


アミノピリン-N-デメチラーゼ」

  [★]

aminopyrine N-demethylase
アミノピリン-N-脱メチル化酵素


アミノピリン-N-脱メチル化酵素」

  [★]

aminopyrine N-demethylase
アミノピリン-N-デメチラーゼ


リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3








★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡