アミドトリゾ酸

出典: meddic

amidotrizoic acid
acidum amidotrizoicum
ジアトリゾ酸 diatrizoate
ジアトリゾ酸メグルミンアミドトリゾ酸ナトリウムメグルミンアミドトリゾ酸ナトリウム
(アミドトリゾ酸ナトリウムメグルミン)ガストログラフインウログラフイン


和文文献

  • ガストログラフィンによる胃切除後胃石の1例
  • 清水 謙司,中西 章人,林 隆志,佐藤 文平,辻 雅衛
  • 日本消化器外科学会雑誌 38(9), 1420-1423, 2005-09-01
  • … 部CT所見にて胃内に高吸収X線像を認めたため胃内異物の診断にて上部消化管内視鏡検査を施行した.胃内に30×20mm大の卵形の黒緑色の胃石を認め, 内視鏡による破砕・摘出術を施行した.結石内に白色の結晶様物質が認められ結石分析においてガストログラフィンの有効成分であるアミドトリゾ酸の存在が約70%認められた.ガストログラフィンが関与したと考えられる胃石形成の報告は見られず, はじめての報告と思われる. …
  • NAID 10016790595
  • <原著>外傷性十二指腸破裂の診断におけるイオトロランテストの開発
  • 丸山 克之,高橋 均,坂田 育弘
  • 近畿大学医学雑誌 24(1), 137-146, 1999-06-25
  • … 外傷性十二指腸破裂の早期診断におけるイオトロランテストの有用性について検討した.上部消化管穿孔の診断にはガストログラフィンテストが有用であることが報告されている.しかし, アミドトリゾ酸メグルミン液(ガストログラフィン^<[○!R]>)は, 誤嚥により化学性肺炎を来し, 生命に危険をおよぼす.そこで, 安全性が高い非イオン性ヨウ素系造影剤であるイオトロラン(イソビスト^<[○!R]>)を用いて, …
  • NAID 110000061525

関連リンク

ウログラフイン76%を1955年に承認を得て発売しました。 さらに引き続いて、 ウログラフインと同一成分であるアミドトリゾ酸ナトリウムメグルミンを使用したガストロ グラフインを水溶性消化管造影剤として、1960年に開発し、本邦で ...
ウログラフイン注60%,アミドトリゾ酸ナトリウムメグルミン注射液 ... 経路:注射薬|規格:60%100mL1瓶 |一般名:アミドトリゾ酸ナトリウムメグルミン注射液|薬価:2512.00 |メーカー:バイエル薬品

関連画像

 アミドトリゾ酸59.74mg アミドトリゾ 酸

添付文書

薬効分類名

  • 直接膵管胆道・逆行性尿路・関節・唾液腺造影剤

販売名

ウログラフイン注60%(20mL)

組成

内容量(mL)

  • 20

成分・含量

  • 1mL中,日局アミドトリゾ酸471.78mg,メグルミン125.46mg,水酸化ナトリウム5.03mg含有

ヨード濃度(mg/mL)

  • 292

1管(瓶)中のヨード含有量(g)

  • 5.8

添加物

  • エデト酸カルシウム二ナトリウム(mg/mL) 0.1

禁忌

  • ヨード又はヨード造影剤に過敏症の既往歴のある患者
  • 重篤な甲状腺疾患のある患者[ヨード過剰に対する自己調節メカニズムが機能できず,症状が悪化するおそれがある.]

効能または効果

ウログラフイン注60%

  • 逆行性尿路撮影,内視鏡的逆行性膵胆管撮影,経皮経肝胆道撮影,関節撮影

ウログラフイン注76%

  • 唾液腺撮影

ウログラフイン注60%

**内視鏡的逆行性膵胆管撮影の場合

  • 原則として,急性膵炎の診断には本剤を用いた内視鏡的逆行性膵胆管撮影を施行しないこと.[急性膵炎発作時に内視鏡的逆行性膵胆管撮影を施行した場合,急性膵炎が悪化するおそれがある.]
    ただし,他の方法で診断され,胆管炎の合併や胆道通過障害の遷延が疑われる胆石性膵炎等の内視鏡的治療を前提とした内視鏡的逆行性膵胆管撮影の場合は,最新の急性膵炎診療ガイドライン等を参考に施行すること.
  • 通常,成人には1回下記量を使用する.なお,年齢,体重,症状,目的により適宜増減する.

ウログラフイン注60%

逆行性尿路撮影

  • 20〜150mL(原液又は2〜4倍希釈)

内視鏡的逆行性膵胆管撮影

  • 20〜40mL

経皮経肝胆道撮影

  • 20〜60mL

関節撮影

  • 1〜10mL

ウログラフイン注76%

唾液腺撮影

  • 0.5〜2mL


慎重投与

  • 本人又は両親,兄弟に発疹,蕁麻疹等のアレルギーを起こしやすい体質を有する患者
  • 薬物過敏症の既往歴のある患者
  • 脱水症状のある患者[急性腎不全を起こすおそれがある.]
  • 高血圧症の患者[血圧上昇等,症状が悪化するおそれがある.]
  • 動脈硬化のある患者[心・循環器系に影響を及ぼすことがある.]
  • 糖尿病の患者[急性腎不全を起こすおそれがある.]
  • 甲状腺疾患のある患者[「禁忌」2.の項参照]
  • 腎機能が低下している患者[腎機能が悪化するおそれがある.「原則禁忌」5.の項参照]
  • **急性膵炎の患者[症状が悪化するおそれがある.「重要な基本的注意」の項参照]
  • 高齢者[「高齢者への投与」の項参照]
  • 幼・小児[「小児等への投与」の項参照]

重大な副作用

ショック

(頻度不明)

  • ショックを起こすことがあるので,観察を十分に行い,必要に応じ適切な処置を行うこと.また,軽度の過敏症状も重篤な症状に進展する場合があるので,観察を十分に行うこと.

アナフィラキシー様症状

(頻度不明)

  • アナフィラキシー様症状(呼吸困難,顔面浮腫等)があらわれることがあるので,観察を十分に行い,必要に応じ適切な処置を行うこと.

腎不全

(頻度不明)

  • 急性腎不全があらわれることがあるので,このような場合には必要に応じ適切な処置を行うこと.

痙攣発作

(頻度不明)

  • 痙攣発作が報告されているので,発現した場合はフェノバルビタール等バルビツール酸誘導体又はジアゼパム等を投与すること.

肺水腫

(頻度不明)

  • 肺水腫があらわれることがあるので,このような場合には必要に応じ適切な処置を行うこと.

重症筋無力症の悪化

(頻度不明)

  • 重症筋無力症の患者で症状の悪化が報告されているので,観察を十分に行い,必要に応じ適切な処置を行うこと.

薬効薬理

  • 本剤の主成分(アミドトリゾ酸)の構成元素であるヨウ素は高いX線吸収能をもつ.これに基づき,本剤の存在部位と他の生体組織との間にX線画像上のコントラストが生じる.

有効成分に関する理化学的知見

一般名

  • アミドトリゾ酸(Amidotrizoic Acid)

化学名

  • 3,5-Bis(acetylamino)-2,4,6-triiodobenzoic acid

分子式

  • C11H9I3N2O4

分子量

  • 613.91

性状

  • 本品は白色の結晶性の粉末で,においはない.
    本品はエタノール(95)に溶けにくく,水に極めて溶けにくく,ジエチルエーテルにほとんど溶けない.
    本品は水酸化ナトリウム試液に溶ける.


★リンクテーブル★
先読みジアトリゾ酸」「diatrizoate
リンク元ガストログラフィン」「ジアトリゾ酸メグルミン」「amidotrizoic acid
拡張検索アミドトリゾ酸ナトリウムメグルミン
関連記事」「トリ

ジアトリゾ酸」

  [★]

diatrizoic aciddiatrizoatediatrizoate meglumine
ジアトリゾ酸メグルミン


diatrizoate」

  [★]

ジアトリゾ酸

diatrizoate megluminediatrizoic acid

ガストログラフィン」

  [★]

gastrografin
ガストログラフイン
ジアトリゾ酸メグルミンアミドトリゾ酸



ジアトリゾ酸メグルミン」

  [★]

diatrizoate meglumine
ジアトリゾ酸ガストログラフインアミドトリゾ酸

amidotrizoic acid」

  [★]

アミドトリゾ酸

diatrizoate meglumineGastrografin

アミドトリゾ酸ナトリウムメグルミン」

  [★]

meglumine sodium amidotrizoate
ウログラフィンガストログラフイン
アミドトリゾ酸

添付文書

  • ウログラフイン注60%(20mL)/ウログラフイン注60%(100mL)/ウログラフイン注76%(20mL)
[display]http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/7214400A2034_2_03/7214400A2034_2_03?view=body


酸」

  [★]

acid
塩基


ブランステッド-ローリーの定義

ルイスの定義

トリ」

  [★]

birdavian
鳥類




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡