アポ蛋白分画

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • アポ蛋白分画 (動脈硬化症--臨床の進歩<特集>) -- (リポ蛋白の構造と機能)
  • 田淵 誠一,八杉 忠男
  • 最新医学 36(4), p710-722, 1981-04
  • NAID 40001435052

関連リンク

85.アポ蛋白 medicina 42(11), 2005年増刊号 異常値の出るメカニズムと臨床的意義 コレステロールや中性脂肪、ビタミンAやEは水に溶けないので蛋白に結合した状態で血中に存在する。アルブミンに結合している場合もあるが ...
臨床的意義 リポ蛋白を電気泳動法で分画し、高脂血症の分類と病態把握を行う検査。 脂質は水に溶けないため、血中では脂質粒子のまわりを蛋白質(アポ蛋白)が取り囲み、親水性が増した状態で存在している。すなわち ...

関連画像

 リポ蛋白分画コレステロールMedical Technology, 1337-1340, 38(13 Lp(a)はプラスミノゲンのク Lp(a)


★リンクテーブル★
関連記事蛋白分画」「アポ」「分画

蛋白分画」

  [★]

protein fractionation, PR-F
血清蛋白分画 血清タンパク分画 serum protein fractionation serum protein fraction
  • 表:(血漿蛋白)LAB.473 「蛋白分画.xls」


概念

  • 血清蛋白は電気泳動法により分画すると、易動度の大きい順にアルブミン、α1、α2、β, γグロブリンの5分画に分かれる。これらの分画が蛋白分画と呼ばれる?

Alb

α1分画

α2分画

β分画

β-γ分画

血漿蛋白分画では出現する。

γ分画

  • IgG(150kDa)

血漿蛋白分画

LAB.474
分画 蛋白質 分子量
プレアルブミン トランスサイレチン 55 kDa
アルブミン アルブミン 66.5 kDa
α1 α1-酸性糖タンパク 40 kDa
α1-アンチトリプシン 54 kDa
α1-リポ蛋白 13-36x10^4 kDa
Gc-グロブリン 54 kDa
α1-α2 セルロプラスミン 132 kDa
α2 α2-マクログロブリン 725 kDa
ハプトグロビン 100-400kDa
pre βリポ蛋白(VLDL) 19.6x10^6 kDa
β βリポ蛋白(LDL) 2-3x10^6 kDa
トランスフェリン 79.6 kDa
ヘモペキシン 57 kDa
C3 180 kDa
C4 210 kDa
β~γ フィブリノゲン 334 kDa
γ IgG 160 kDa
IgA 160 kDa
SIgA(2IgA+SC+J) 385 kDa
IgM 971 kDa
CRP ~120kDa


基準値

泳動の方向 分画 出典不明 2007年後期血液 覚えやすく
アルブミン 60.5-73.2% 4.9- 5.1 g/dL 60-70% 65%
α1グロブリン 1.7-2.9% 0.11-0.23 g/dL 2-3% 2.5%
α2グロブリン 5.3-8.8% 0.38-0.73 g/dL 5-10% 7.5%
βグロブリン 6.4-10.4% 0.58-0.62 g/dL 7-12% 10%
γグロブリン 11-21.1% 1.15-1.25 g/dL 10-20% 15%

疾患と蛋白分画の変化


アポ」

  [★]

apo
アポリポタンパク質アポリポ蛋白アポリポ蛋白質アポリポタンパク


分画」

  [★]

(尿理学・組織学)demarcation, (分画すること?)fractionation
demarcatio




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡