アブミ骨筋反射検査

出典: meddic

stapedial reflex test SR test
耳小骨筋反射検査 acoustic reflex test AR test鐙骨筋反射検査
アブミ骨筋インピーダンスオージオメトリー鼓膜張筋


概念

  • インピーダンスオージオメトリーの1つ。
  • 鼓膜のインピーダンス(コンプライアンス)からアブミ骨筋反射が起こっているかどうかを判定する検査。
  • 外耳に入れる音をだんだん高くしていきある一定以上の音が鼓膜に届くと、アブミ骨筋反射が起こりアブミ骨を牽引して内耳への伝音を妨げる。同時に、これにより(出典不明であるが)鼓膜の振動も抑制される。このため、アブミ骨筋反射が起こったときに鼓膜のインピーダンスの増大(コンプライアンスの低下)として観察される。
  • アブミ骨筋反射をおこす音の閾値は75-95dB(acoustic reflex threshold, ART)

診断的意義

  • 顔面の障害部位の推定:病変がアブミ骨筋神経より中枢の顔面神経にある場合に陰性となる
  • 伝音性難聴の判定:耳小骨の固着・離断がある場合、アブミ骨筋反射は陰性となる。


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 機能性難聴に対するアブミ骨筋反射検査
  • 窪田 俊憲,渡辺 知緒,伊藤 吏,千葉 寛之,青柳 優
  • 耳鼻咽喉科臨床. 補冊 = Practica otologica. Suppl. (130), 26-30, 2011-03-01
  • NAID 10027794328

関連リンク

中耳・耳管機能検査 アブミ骨筋反射(耳小骨筋反射)検査 語音明瞭度検査 SPL(音圧レベル)聴力検査 補聴周波数特性測定検査 身体障害者認定・等級変更診断書作成 補聴器支給申請書作成 磁気ループ体験 サイトマップ|個人情報保護| ...
純音聴力検査(難聴の程度や障害されている場所はどこなの) 語音聴力検査(言葉の聞き取りはどうですか) ティンパノメトリー鼓膜の動きや中耳の状態はどうなっているの) 耳小骨筋反射検査(顔面神経の障害は?
基本的な検査手技はティンパノメトリと同様です。外耳道孔にシリコンチップを挿入して行います。 耳小骨に付着している耳小骨筋(つち骨には鼓膜張筋が、あぶみ骨にはあぶみ骨筋が付着しています。)は、強大音で収縮します。

関連画像

味覚異常を含む顔面神経麻痺や


★リンクテーブル★
先読み鼓膜張筋」「インピーダンスオージオメトリー
リンク元アブミ骨筋」「詐聴」「アブミ骨筋反射」「acoustic reflex test」「stapedial reflex test
拡張検索音響性アブミ骨筋反射検査
関連記事反射」「検査」「アブ

鼓膜張筋」

  [★]

tensor tympani (K), tensor tympani muscle
musculus tensor tympani
  • 図:N.89
  • この小さな筋はツチ骨柄の裏側に停止し、ツチ骨柄を内側方に引っ張っている。

起始

停止

神経

機能


インピーダンスオージオメトリー」

  [★]

impedance audiometry
インピーダンス聴力検査
ティンパノメトリーアブミ骨筋反射

国試



アブミ骨筋」

  [★]

stapedius (K), stapedius muscle
musculus stapedius
顔面神経耳小骨アブミ骨筋反射鼓膜張筋

起始

  • 鼓室後壁の錐体隆起

停止

  • アブミ骨骨頭

神経

機能

  • 伝音効率をさげる。

発生

臨床関連

  • アブミ骨筋麻痺 (M.537)
  • 聴覚過敏
  • アブミ骨筋反射検査


詐聴」

  [★]

auditory dissimulation, feigned hearingability


アブミ骨筋反射」

  [★]

アブミ骨筋反射検査アブミ骨

反射弓

acoustic reflex test」

  [★] アブミ骨筋反射検査

ART


stapedial reflex test」

  [★] アブミ骨筋反射検査


音響性アブミ骨筋反射検査」

  [★] アブミ骨筋反射検査


反射」

  [★]

reflex
反射の一覧

反射中枢の存在レベルによる分類

構成要素からの分類

cf.原始反射

原始反射

  • 生命維持のためにする反射
  • 正常な新生児において特徴的に観察される反射的行動を総称してこう呼ぶ。

原始反射の例

  • 乳さがし反射: 口の片側を触られると、赤ん坊の頭がそちらのほうを向くという反射。
  • 吸啜反射: 赤ん坊の口の中にものを入れると、すぐにそれを吸い始めるという反射。
  • モロー反射: 赤ん坊の背中と頭を支えて仰向けにした状態で、上体を数cm上方に起こし、手で支えながら急に頭部を落下させると、両手と両足を左右対称的に外側に伸ばし、それに続いてゆっくりと抱き込むような上肢の運動が見られる反射。大きな音などで驚いたときにも見られる。
  • バビンスキー反射: 足の裏の外縁をゆっくりと踵からつま先に向かってこすることにより、母趾(おやゆび)が背屈し他の4趾が開く(開扇現象)反射。

参考(読んでおく)

[反射]





検査」

  [★]

検定試験視察視診調べる調査テスト点検検討監査診察


アブ」

  [★]

horse fly, deer fly
Tabanidae




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡