アフィディコリン

出典: meddic

aphidicolin

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • Entamoeba の脱嚢及び発育過程に対するDNAポリメラーゼ阻害剤アフィディコリンの効果
  • 牧岡 朝夫,熊谷 正広,小林 正規,竹内 勤
  • Tropical medicine and health 32, 80, 2004-09-21
  • NAID 10013570900
  • 生物活性ジテルペンの酵素的生産を目指して : DNAポリメラーゼ阻害剤アフィディコリンの酵素的全合成研究
  • 及川 英秋,佐々 武史
  • 化学と生物 41(12), 807-814, 2003-12-25
  • NAID 10012135334

関連リンク

アフィディコリン 細胞内で5'-三リン酸化され、DNAポリメラーゼ反応 を阻害。 大腸菌DNAポリメラーゼIを阻害(鎖終結法への 利用)。 dCTPやdTTPと拮抗してDNAポリメラーゼaを阻害。 2'-デオキシ-2'-アジドシチジン 三リン酸 ...
Microarray Corner 参照文献:Durkin SG et al. (2008) Proc Natl Acad Sci USA 105:246-251 イントロダクション 染色体脆弱部位(CFS)とは、DNA合成の部分的阻害、例えば、アフィディコリン(APH)によって誘発される部分的合成阻害の ...

関連画像

Annexin V -V450によるアポトーシス 画像2。DNA脱メチル化機構の BD Biosciences Research - Apoptosis, Cell  サイクリン依存性キナーゼの紡錘体形成チェックポイント 研究報告 - 分化細胞の幹細胞化


★リンクテーブル★
関連記事リン」「コリン

リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3





コリン」

  [★]

choline
塩化コリン
アセチルコリン


choline + acetylCoA → acetylcholine + CoA




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡