アニリン

出典: meddic

aniline
アミノベンゼン aminobenzeneフェニルアミン phenylamine


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/04/28 00:36:20」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • カソードルミネッセンスを用いたジルコンのアニーリング評価
  • 土屋 裕太,西戸 裕嗣,能美 洋介
  • 日本鉱物科学会年会講演要旨集 2011, 213, 2011-09-05
  • NAID 10029454661
  • 大気圧プラズマによる金属細線アニーリング効果の電子密度依存性
  • 鹿野 暁文,石塚 勇人,河井 公太郎,佐々木 徹,菊池 崇志,原田 信弘
  • 電気学会研究会資料. FTE, 新エネルギー・環境研究会 2011(9), 95-99, 2011-08-26
  • NAID 10029501926

関連リンク

アニリン ANILINE Benzeneamine Aminobenzene Phenylamine C 6 H 7 N / C 6 H 5 NH 2 分子量:93.1 CAS登録番号:62-53-3 RTECS番号:BW6650000 ICSC番号:0011 ... 災害/ 暴露のタイプ 一次災害/ 急性症状 予防 応急処置/ 消火 ...
アニリンとは、動物愛護活動をされている方々のリンクサイトです。保護、譲渡、救助、セラピーなど、それぞれ活動されている行政、NPO法人、財団法人、社団法人、個人活動家など、知ることのお手伝いをしています。

関連画像

iPhone5S アニリン革ブラウンの アップル アニリンレザー iPad アニリン - Wikipediaアニリンカーフ ワインカラー アニリン抗菌スリッパ - 店舗 アニリンとは


★リンクテーブル★
リンク元メトヘモグロビン」「ピリン系解熱鎮痛薬」「aniline」「アミノベンゼン」「フェニルアミン
拡張検索パラニトロアニリン反応」「2-メチルアニリン中毒」「4,4'-メチレンビス(2-クロロアニリン)」「アニリン中毒
関連記事リン

メトヘモグロビン」

  [★]

methemoglobin, metHb, MetHb, MHg
酸化ヘモグロビンフェリヘモグロビン ferrihemoglobin
ヘモグロビン, Hemoglobin M
  • ヘモグロビンは4つのサブユニット(α鎖2つ、β鎖2つ)からなり、それぞれがFe2+を配位したヘムを有する。
  • この4分子存在するヘムがすべて酸化されFe3+となったヘモグロビンをメトヘモグロビンと呼ぶ
  • メトヘモグロビンはO2のへ結合能を失う
  • 血液の色は茶色っぽくなる? (FB.111)

メトヘモグロビンを生成させる物質

治療薬


ピリン系解熱鎮痛薬」

  [★]

pyrazolone derivative analgesic-antipyretic
ピリン系化合物ピリンショック、ピリン過敏症、ピリン疹


ピリン系解熱鎮痛薬

ピリン系解熱鎮痛薬の位置づけ

非NSAIDs 酸性 ピラゾロン系(ピリン系 スルピリン sulpyrine
アニリン(非ピリン系) アセトアミノフェン acetaminophen
パラセタモール paracetamol

aniline」

  [★] アニリン

WordNet   license wordnet

「oily poisonous liquid amine obtained from nitrobenzene and used to make dyes and plastics and medicines」
aniline oil, aminobenzine, phenylamine

アミノベンゼン」

  [★]

aminobenzene
アニリン

フェニルアミン」

  [★]

phenylamine
アニリン

パラニトロアニリン反応」

  [★]

paranytroaniline reaction
ジアゾ化パラニトロアニリン反応



2-メチルアニリン中毒」

  [★]

2-methylaniline poisoning
オルトトルイジン中毒


4,4'-メチレンビス(2-クロロアニリン)」

  [★]

4,4'-methylenebis(2-chloroaniline), MBOCA
CH2(C6H3NH2Cl)2。


アニリン中毒」

  [★]

aniline poisoning


リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3







★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡