アセトアニリド

出典: meddic

acetanilide
アンチフェブリン antifebrin


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/07/11 14:12:27」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

和文文献

  • フーリエ変換赤外分光法によるエリトロ-2-アミノ-1-フェニルプロパン-1-オール塩酸塩と4'-ヒドロキシアセトアニリドの混合割合の推定
  • 早川 彬,堀田 佳江,廣瀬 達也 [他]
  • 関税中央分析所報 (49), 61-63, 2009-07
  • NAID 40016796773
  • カラー銀塩感光材料の技術革新史(第2部)発色現像(その4)1970年代以降のカップラーの高度化--新分子骨格の導入

関連リンク

アセトアニリドの合成 目的 アニリンと無水酢酸からアセトアニリドを合成することを目的とした。 実験日 2008 年 9 月 3 日 理論 アセトアニリド (acetanilide) はアミドの一種で、フレーク状の外見を持つ無色の固体である。N ...
アセトアニリド Acetanilide 販売元 和光純薬工業(株) 販売元コード 011-00215,017-00212 製造元 製造元コード CAS.NO 103-84-4 分子式 CH3CONHC6H5 分子量 135.16 保存条件 室温 適用法規 危険有害性 等級 和光特級 EC.NO ...
- 60 - 11. アセトアニリドの合成 [目的] アニリンと無水酢酸との反応により,アセトアニリドが生成すること(アセチル化反応)を学 ぶ.また,その収率を求める. [解説] 1.アセトアニリド 人工的に作られた最初の合成解熱剤が ...

関連画像

アセトアニリド [ 編集 ]アセトアニリドアセトアニリドThis is the chemical structure of アセトアニリドの再結晶】アセトアニリド.png


★リンクテーブル★
先読みantifebrin
リンク元メトヘモグロビン血症」「acetanilide
拡張検索アセトアニリド中毒

antifebrin」

  [★] アンチフェブリン


メトヘモグロビン血症」

  [★]

methemoglobinemia
MetHb血症
遺伝性メトヘモグロビン血症メトヘモグロビン

定義

  • メトヘモグロビンが約15g/L以上に増加し、チアノーゼに始まり、呼吸困難、頭痛、めまいなどを呈する病態。
  • MetHbが1%以上に増加した病態

病因

  • 1. 遺伝性(常染色体劣性)
  • a) 酵素の欠損によりメトヘモグロビンを還元できない:NADHシトクロム還元酵素欠損:methemoglobin reductase, NADP diaphorase
  • b) ヘムをferric stateに安定化できないヘモグロビン:Hb M Iwata(α87His→Tyr)
  • 2. 中毒性
  • a) 過酸化物による(亜硝酸ナトリウム、ニトログリセリン、サルファ剤、ニトロベンゼンなど)
アセトアニリドフェナセチン

病態生理

HIM.640
  • メトヘモグロビンは酸素との親和性が高く酸素運搬能がない → >50-60%以上で致死的
  • メトヘモグロビンはbluish-brown muddy colorを呈しており、cyanosisに似る → メトヘモグロビン血症ではチアノーゼ様に見えやすい、ということか

治療

  • 中毒性:静脈内に1%メチレンブルー溶液投与



acetanilide」

  [★]

アセトアニリド

WordNet   license wordnet

「a white crystalline compound used as an analgesic and also as an antipyretic」
acetanilid, phenylacetamide

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「アセトアニリド(下熱・鎮痛剤)」


アセトアニリド中毒」

  [★]

acetanilide poisoning




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡