アセチルコリン気道反応性

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

4. 気道の炎症 喘息患者の気管支が収縮し易い(過敏性)のは、気管支に喘息特有の炎症が起きているためと分かってきました。この炎症の特徴は、気管支の粘膜がむくんで、白血球の一つである好酸球、T細胞というリンパ球や ...
アセチルコリン・カテコールアミン アセチルコリン(ACh) アセチルコリンは神経伝達物質であり、神経終末部で合成される。なお、アセチルコリンを伝達物質とする神経をコリン作動性神経という。 アセチルコリンはコリンアセチルト ...
COPDにおけるアセチルコリンの役割の解明 349 Fig. 4 ヒト末梢気道における気道収縮反応およびTio tropiumの効果 ヒト末梢気道を含んだPCLSをメディアまたは0.3nM tiotropiumとともに90分間培養後carbacolで低濃度よ り刺激した.A ...

関連画像

登山の呼吸法【富士さんぽ】遺伝子(分子)間の相互作用 吸入ステロイドの成長影響は


★リンクテーブル★
関連記事アセチルコリン」「リン」「コリン」「気道」「反応

アセチルコリン」

  [★]

acetylcholine (K), ACh
塩化アセチルコリンアセチルコリン塩化物 acetylcholine chloride
オビソートノイコリンエー
アセチルコリン受容体アセチルコリンエステラーゼ、muscannic acetylcholine

作用機序

構造式

  • 構造式:(CH3)3N+-CH2-CH2-OCO-CH3

代謝

薬理作用

心臓 (SPC.154)

  • 収縮力抑制
  • 心拍数減少
  • 伝導速度現象
洞房結節のK+に対する透過性を高め、静止電位を低下させるため

血管

血圧

平滑筋

分泌腺

骨格筋

交換神経終末

リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3





コリン」

  [★]

choline
塩化コリン
アセチルコリン


choline + acetylCoA → acetylcholine + CoA


気道」

  [★]

respiratory tract, airway






反応」

  [★]

(生物)response、(化学)reactionrespondreactresponsive
応答応答性反応性返答





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡