アクロメリン酸

出典: meddic

acromelicacid

和文文献

  • 症例 ドクササコ摂取による肢端紅痛症
  • 東 直行,篁 武郎,石田 良太 [他]
  • 皮膚科の臨床 48(12), 1669-1674, 2006-11
  • NAID 40015125493
  • 神経興奮作用をもつきのこの毒--ドクササコの成分アクロメリン酸(化学の窓)
  • 紺野 勝弘,白浜 晴久
  • 化学と生物 25(7), p480-484, 1987-07
  • NAID 40000427723

関連リンク

完全な治療法は確立されてはいないが、血液透析やニコチン酸とATPの投与により、症状 が軽減することが判明している。 ドクササコの毒性成分として、ヌクレオシドの クリチジン(Clitidine)、アミノ酸のアクロメリン酸(Acromelic acid)などが抽出 されて ...

関連画像

自然毒のリスクプロファイル 異常アミノ酸類キノリン酸 毒成分:アクロメリン酸) ) アクロメリン酸A クリチジンドクササコによる食中毒発生 アクロメリン酸類(acromelic acids


★リンクテーブル★
関連記事リン」「

リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3






酸」

  [★]

acid
塩基


ブランステッド-ローリーの定義

ルイスの定義



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡