アクチン結合蛋白質

出典: meddic

actin-binding protein
アクチン結合タンパク質アクチン結合タンパク

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 受容体とシナプス形成 樹状突起スパインの形成と機能制御にかかわるアクチン細胞骨格蛋白質 (神経の分化,回路形成,機能発現) -- (神経系の機能分子)
  • 興奮性シナプスのアクチン結合蛋白質--その動態と機能
  • 卵巣癌腹膜播種に対するアクチン結合蛋白質カルポニンh1に着目した遺伝子治療
  • 日本婦人科腫瘍学会雑誌 = The journal of the Japan Society of Gynecologic Oncology 23(2), 214-224, 2005-04-25
  • NAID 10020562271

関連リンク

コフィリンというタンパク質はADP結合アクチンユニットに結合して、-端からの脱重合を 促進し、再構築を妨害する。プロフィリンというタンパク質は、結合するADPとATPの交換 を刺激することでこの効果を逆転させる。加えて、プロフィリンと結合したATP結合 ...
そこでアクチンに結合する蛋白質があるのではないかと言う仮説のもとにactininが 見いだされた。アルファ-actinin(江橋)およびベータ-actinin(cap-z,丸山)の発見は他の actin結合蛋白質の発見に10年間先んじていた。 G-actinとF-actinは平衡反応である。

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
リンク元アクチン結合タンパク質」「actin-binding protein」「アクチン結合タンパク
関連記事蛋白質」「結合」「白質」「結合蛋白」「結合蛋白質

アクチン結合タンパク質」

  [★]

actin-binding proteinactin-associated protein
アクチン結合タンパクアクチン結合蛋白質マイクロフィラメントタンパク質


actin-binding protein」

  [★]

actin-associated proteinmicrofilament protein


アクチン結合タンパク」

  [★]

actin-binding proteinactin-associated protein
アクチン結合タンパク質アクチン結合蛋白質


蛋白質」

  [★]

protein
タンパク質タンパク蛋白プロテイン
アミノ酸ポリペプチド
  • L-アミノ酸が重合してできた高分子化合物であり、生物の重要な構成成分のひとつである。

食事摂取基準

年齢 男性 女性
推定平均
必要量
推奨量 目安量 耐容
上限量
推定平均
必要量
推奨量 目安量 耐容
上限量
0~5(月) 10 10
6~8(月) 15 15
6~11(月)
9~11(月) 25 25
1~2(歳) 15 20 15 20
3~5(歳) 20 25 20 25
6~7(歳) 25 30 25 30
8~9(歳) 30 40 30 40
10~11(歳) 40 45 35 45
12~14(歳) 45 60 45 55
15~17(歳) 50 60 45 55
18~29(歳) 50 60 40 50
30~49(歳) 50 60 40 50
50~69(歳) 50 60 40 50
70以上(歳) 50 60 40 50
妊婦(付加量) 初期   + 0 + 0
中期 + 5 + 5
末期 + 20 + 25
授乳婦(付加量) + 15 + 20

QB

  • 蛋白質の1日の摂取量は体重1kgあたり約1g。腎不全の食事療法(低蛋白食)では0.6-0.8g/体重kgである。
  • PFC比率=蛋白:脂肪:炭水化物=10-20%:20-30%:50-70%

臨床関連

  • 血清タンパク:
  • 臨床検査では血清を用いる

参考

  • 1. 「日本人の食事摂取基準」(2010年版)
[display]http://www.mhlw.go.jp/shingi/2009/05/s0529-4.html








結合」

  [★]

bindingbondlinkageconnectionconjugationconjunctionunionbonding、engagement,
bindassociateconjugatecombineconnectcoupleengagejoindockligateconjoin
会合関係関与関連協同共役組み合わせ結合性結紮結線従事接合接合体同僚ドッキングバインディング複合物付随併用抱合抱合体結びつける約束癒合癒着連関連結連合連鎖連接、連絡、団結組合参加接続一対合併組み合わせるカップル組合せ


白質」

  [★]

white matter
substantia alba
灰白質


  • 脳と脊髄の断面で、肉眼的に白色を呈する部分。
  • 髄鞘をもった有髄神経線維が密に集合している。
  • 画像:
  • CTでは低吸収にみえる → やはり脂質にとむ髄鞘が多いからでしょう
  • MRIでは高吸収にみえる。見え方としてはCTの逆と覚えればよい。


結合蛋白」

  [★]

binding protein
結合タンパク質結合タンパク結合蛋白質


結合蛋白質」

  [★]

binding protein
結合タンパク質結合タンパク結合蛋白




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡