アクチンフィラメント

出典: meddic

actinfiIament



actinfiIament

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/09/02 21:52:02」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 血管内皮前駆細胞から分泌される可溶性CD93分子
  • 池脇 信直,園田 徹,土井 宏太郎 [他],大野 英治
  • 九州保健福祉大学研究紀要 16, 121-128, 2015-03
  • … 一方、HEPCs をアクチンフィラメントの脱重合剤(サイトカラシンE)で処理したところ、sCD93 分子の分泌が有意に増強した(P < … HEPCs から分泌されるsCD93 分子は、PKC によるリン酸化とアクチンフィラメントの脱重合が密接に関与していることがわかった。 …
  • NAID 110009912282
  • 3P198 アクチンフィラメントの配位構造は結合タンパク質によって変化する(細胞生物的課題,ポスター,第52回日本生物物理学会年会(2014年度))
  • Kouhei Monma,Kenji Kobayasi,Ryoki Isikawa,Hajime Honda
  • 生物物理 54(SUPPLEMENT_1-2), S281, 2014-08-20
  • NAID 110009933067
  • 2P153 ATP非存在下におけるミオシンVのアクチンフィラメント上での歩行運動(11. 分子モーター,ポスター,第52回日本生物物理学会年会(2014年度))
  • Kodera Noriyuki,Uchihashi Takayuki,Ando Toshio
  • 生物物理 54(SUPPLEMENT_1-2), S220, 2014-08-20
  • NAID 110009932699

関連リンク

分子量が約42,000の球形(globular)アクチンはG-アクチンと呼ばれ、G-アクチンが 多数重合した糸状(filamentous)の重合体はF-アクチンと呼ばれ「マイクロフィラメント」 になる。マイクロフィラメントは3種の細胞骨格の中でも ...
栄養・生化学辞典 アクチンフィラメントの用語解説 - アクチン分子が結合して線(繊)維を 形成している状態のもの.アクチンは球状タンパク質であるが,お互いに結合して長い線 (繊)維を形成し,細胞骨格の形成,細胞の運動などにおいて重要な機能を果たす....

関連画像

生理学】「ミオシンヘッド 細胞の種類~解説:運動~アクチンの画像一覧 - 原寸画像  アクチンフィラメント架橋作業療法的見聞録 臨床運動学2 一本のアクチンフィラメント


★リンクテーブル★
リンク元細胞接着
拡張検索capZアクチンフィラメント端キャップタンパク質」「アクチンフィラメント端キャップタンパク質
関連記事クチン

細胞接着」

  [★]

cell adhesioncell attachmentcell adherencecytoadherence、cell contact
細胞粘着
細胞間接着細胞付着細胞粘着

上皮


capZアクチンフィラメント端キャップタンパク質」

  [★]

capZ actin capping protein
capZアクチンキャップタンパク質

アクチンフィラメント端キャップタンパク質」

  [★]

actin capping protein
アクチンキャップタンパク質

クチン」

  [★]

cutin
角皮素




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡