うっ血肺

出典: meddic

congested lung
肺うっ血 pulmonary congestion
心性肺


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 呼吸不全を呈した新型インフルエンザ(A/H1N1pdm)感染血液透析患者の1例
  • 中澤 哲也,石川 勲,羽山 智之 [他],森田 恭子
  • 日本透析医学会雑誌 = Journal of Japanese Society for Dialysis Therapy 43(7), 595-600, 2010-07-28
  • … 78%と著しい低酸素血症を認めた.胸部CTでは両側肺に非区域性にスリガラス状陰影が広がっており,両側に胸水も認めた.インフルエンザ感染による肺炎に加え,うっ血肺の要素があると診断し,zanamivir(リレンザ<SUP>®</SUP>)の吸入,ステロイド増量(メチルプレドニゾロン40 mg/日)透析による除水を行ったところ,2病日から自覚症状の改善がみられ,5病日にはX線所見も改善した.入院後行った痰のPCR検査 …
  • NAID 10026547489
  • 42)うっ血肺のX線診断に関する研究 : 単純胸部X線写真と右心カテーテル検査成績との比較検討を中心として : 第72回日本循環器学会関東甲信越地方会
  • 白石 透,小関 克彦,森成 元,毛利 昌史,小池 繁夫,村尾 覚
  • Japanese circulation journal 40(6), 684-685, 1976-07-20
  • NAID 110002599966
  • うっ血肺のX線診断 単純胸部X線写真による肺うっ血状態の評価 (心不全の考え方と治療(特集))

関連リンク

肺うっ血 初診に適した科 【内科/呼吸器科】 【症 状】 息切れ、呼吸困難、咳、痰、尿量の減少、顔・手足のむくみ、吐き気、食欲不振 【肺うっ血とは】 一般に、肺内の血液量が増加する場合を肺うっ血といいますが、これは、各種 ...
... 」)や高血圧症(「高血圧(症)」)などの心臓病によって、血管内の血液量が増し(肺うっ血)、肺 の毛細血管(もうさいけっかん)の圧力が上昇して、血液の液体成分が肺組織にしみ出したものです。これを心原性肺水腫(し ...

関連画像

 肺うっ血 3写真2 ]経口利尿薬(フロセミド 画像 肺 う っ 血 top 肺 う っ 血 心エコー検査では、左室壁運動  強い肺うっ血、心不全 肺うっ血 0


★リンクテーブル★
リンク元肺うっ血」「うっ血性肺水腫
関連記事

肺うっ血」

  [★]

pulmonary congestion, lung congestion
うっ血肺
  • 肺血管内血液量の増加。肺血管外水分量は増加しない(SPU.146)   ⇔  肺水腫:肺血管外へ異常な水分貯留がある病的状態
出典不明↓この解説は間違いの可能性がある
肺うっ血 血漿成分が間質に漏出 periarterial edema, カーリーBライン、血管陰影増強(シャントがあるときには認められない?)
肺水腫 血漿成分が肺胞腔に漏出  


うっ血性肺水腫」

  [★]

congestive pulmonary edema
うっ血肺


肺」

  [★]

lung
肺区域肺野呼吸器の上皮の移行
  • 図:M.78 N.204(肺のリンパ系),197(肺区域)

解剖

  • 重量:右:500g, 左:400g
  • 葉:右3葉、左2葉
右上葉、右中葉、右下葉、左上葉、左下葉

発生

L.247
  • 肺の上皮、喉頭、気管、および気管支の内面を覆う上皮 → 内胚葉
  • 気管および肺の軟骨性要素と筋要素、結合組織 → 中胚葉(臓側中胚葉)
NGY.283
  • 妊娠16週頃:気管、気管支が分岐し腺状構造をなす(腺状期)
  • 妊娠16-24週頃:管状構造を形成し、毛細血管が上皮に接触する。(管状期)
  • 以降、肺胞上皮が二種類に分化し、肺胞が形成される。  肺表面活性物質
  • 妊娠28週頃:毛細血管が肺胞腔に露出

機能

  • 呼吸

肺の構造

SSUR.323
区分 気管支腺 軟骨 平滑筋 弾力線維
気管 2+ 3+ 2+ 4+
葉気管支 2+ 3+ 3+ 3+
区域-小気管支 2+ 2+ 3+ 3+
肺小葉 細-終末気管支 3+ 3+
肺胞道 呼吸細気管支
肺細葉
肺胞/肺胞嚢 2+

臨床関連

  • 肺の打診 (M.72)

胸部X線解剖

  • 右第1弓:上大静脈
  • 右第2弓:右心房
  • 左第1弓:大動脈弓
  • 左第2弓:肺動脈幹
  • 左第3弓:左心房(左心耳)
  • 左第4弓:左心室




シルエットサイン

  • 右第2弓:(陽性)[上葉]内側中葉区(S5)、[下葉]内側肺底区(S7)、(陰性)[下葉]上-下葉区(S6)???、後肺底区(S10)????  → 陰性だったら背面の区域、つまりS6,S10と考えて良いのではないだろうか?
  • 左第4弓:(陽性)[上葉]上舌区(S4)、下舌区(S5)、[下葉]前内側肺底区(S7+8)、(陰性)[下葉]上-下葉区(S6)???、後肺底区(S10)??? → 同様にS6,S10と考えて良いのでは?

肺のリンパ節

肺区域

  • 左肺は心臓があるために、右とは異なる形状・肺区域を有する。
  • S1とS2はまとめてS1+2と呼ばれる
  • S7とS8はまとめてS7+8あるいはS8と呼ばれる ← 心臓が左胸腔に全内側に突出しているからと考える
  • 背側にある区域は2・6・10と覚えよ

臨床関連

  • 分葉異常:奇静脈の走行異常による右上葉の奇静脈葉が最も多い(QB.I-295)








★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡