ω酸化

出典: meddic

omega-oxidation, ω-oxidation
脂肪酸酸化

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 脂肪酸ω酸化経路の確立 : 細胞質アルデヒドデヒドロゲナーゼの役割
  • 宮尾 夕子,山本 覚
  • 福山大学生命工学部研究年報 5, 1-10, 2006-09
  • 脂肪酸の一部はω-酸化経路およびβ-酸化経路を経てより炭素鎖の少ないジカルボン酸に代謝される。脂肪酸ω-酸化経路は連続する3つの反応を触媒するω-水酸化酵素、アルコールデヒドロゲナーゼ、およびアルデヒドデヒドロゲナーゼで構成されているが、脂肪酸ω-酸化経路の観点からアルデヒドデヒドロゲナーゼの詳細な性質については十分に解明されていない。著者らはウサギ肝の細胞質画分にω-オキソ脂肪酸に特異性を示すア …
  • NAID 110007406816
  • 7.フィブラート系薬物による肝脂肪酸ω酸化誘導とその臨床応用への可能性(金沢医科大学医学会記録, 第30回医学会総会, 第40回学術集会)
  • 尾〓 一晶,堤 幹宏,高瀬 修二郎,Lasker Jerome M.,Raucy Judy L.
  • 金沢医科大学雑誌 29(2), 122-123, 2004-08
  • NAID 110004617789

関連リンク

栄養・生化学辞典 ω酸化の用語解説 - 脂肪酸のカルボキシル基の反対側末端の炭素 を酸化してω-ヒドロキシ脂肪酸とし,さらにカルボキシル基とし,ジカルボン酸にしてβ 酸化の様式で酸化する方式.脂肪酸の代謝経路の一つであるが主経路ではない....
脂肪酸ω-酸化経路は連続する3つの反応を触媒するω-水酸化酵素、アルコール デヒドロゲナーゼ、およびアルデヒドデヒドロゲナーゼで構成されているが、脂肪酸ω- 酸化経路の観点からアルデヒドデヒドロゲナーゼの詳細な性質については十分に解明 されてい ...

関連画像

子どもと鉄の酸化の実験をして  のサビサビに困った(´・ωhttp://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles 脂肪酸の活性化と H25年サンマ漁予測第二報-日記 子どもと鉄の酸化の実験をして


★リンクテーブル★
先読み脂肪酸酸化
リンク元ライ症候群

脂肪酸酸化」

  [★]

fatty acid oxidation
β酸化



ライ症候群」

  [★]

Reye's syndrome, Reye syndrome
Reye症候群
インフルエンザ水痘アスピリン
  • 図:APT.205(肝臓。HE)

概念

  • 乳幼児期・小児にみられる急性脳症
  • 全身の臓器、特に肝の脂肪変性とミトコンドリアの変化ならびに脳浮腫を来す

疫学

  • 乳幼児に発症:かつては5歳以上の小児に多発していた → 解熱剤としてアスピリン服用中止によって患者数が激減

原因

  • 小児の解熱にアスピリンなどのNSAIDsを用いると発症することがある
  • ミトコンドリアの機能不全による
→禁忌

病態

  • 蛋白質・脂肪酸の急激な異化亢進 → アシルCoA増加
  • (1) カルニチン欠乏(ミトコンドリアへの転送障害、β酸化障害)
  • (2)ω酸化の亢進(ジカルボン酸尿)
  • (3)糖代謝障害(乳酸、ピルビン酸上昇)
  • (4)尿素サイクルの障害(高アンモニア血症)

症状 (GOO.682, SMB.467)

検査

  • 低血糖、transaminase上昇、低プロトロンビン血症、高アンモニア血症。血清ビリルビンは不変 (APT.205)

治療

  • 脳浮腫による頭蓋内圧亢進の抑制が治療目標

参考

uptodate

  • 1. [charged] 小児における急性中毒性代謝性脳症 - uptodate [1]
  • 2. [charged] アスピリン:リウマチ性疾患における作用機序、主な毒性、および使用 - uptodate [2]
  • 3. [charged] 小児および思春期におけるサリチル酸中毒 - uptodate [3]




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡